カールベンクス古民家ギャラリーの下見




日曜日は新発田市にあるカールベンクス古民家ギャラリーに行ってきた。

d0097090_1062571.jpg
d0097090_1082764.jpg
d0097090_1093285.jpg
d0097090_1010140.jpg

d0097090_2054530.jpg

ギャラリーのオーナー五十嵐さんと。



自宅兼ギャラリー兼アトリエの素敵なおうちです。

ギャラリーオーナー五十嵐さんのご主人は画家でもあるのです。

あぁ、しかし、絵本から抜け出たような素敵なおうち。

この建物は新潟の松之山から移築して、ドイツ人の建築家カール・ベンクスさんがリノベーションしたとのこと。

ただの日本家屋ではない、おしゃれな雰囲気です。

しかし久しぶりに見に行って思ったのは、、、、広い!

こんなに広いんだぁ~。

なんせ吹き抜けが3階ぐらいまである感じで、、、展示では、この空間を生かさないでは無い、と

あれこれ思いをめぐらせております。

展示は10月まるまる、土日のみの開館です。

きっと良い時期だろうなぁ。季節的にもまだ寒くないだろうし、新発田は城下町で、清水園や足軽長屋などの観光スポットも多い。紅葉も見れるかも。

蕗谷紅児記念館も良いですよ。

大正時代頃の、きれいな女の子の絵といえば中原淳一くらいしか私は知らなかったのですが、蕗谷紅児の絵も素敵です。センスがいい、というか良すぎます。

新潟市からいらっしゃる場合は豊栄「道の駅」もおすすめ。

ダチョウがいますから。。。。でかい玉子も売っています。普通の玉子の20個分が詰まってます。



------------------------------------------------------------------------------こっからキモチワルイ話です。ご注意。



この下見に行った帰りに立ち寄ったらバカでかいダチョウがですね、ぬおおと立っておったのです。

5匹ほど・・・(匹でいいのか?)あ、5羽かな。

もちろん柵の中ですが、その威圧感がハンパ無い。

だってゆうに2mは越えてるし、看板には「光物に向かって突進してきます。メガネに注意」とあるし。

月乃さんと(夫)おびえながら、いつでも逃げられるような体勢でダチョウを眺めました。

すると一羽のダチョウが羽を広げたのです。

お、飛ぶのか?ダチョウ。(飛ばねえよ)

と思ったその時、お尻をこちらに恥ずかしげも無く向け(動物だからね)、ムキッ!とお尻が割れたかと思ったらその間からにょろりとどピンクの長いのが出てきた。え?うんち・・・・あんなパッションな色のうんちなの・・・?と思ったらそうではなく。それはきっと、その、ナニで。

そのピンクの辺りから透明のスライムみたいのがネバーッとして、地面にビチャッと吐き出した。

おえ~~~っ!!

私たちは小走りにその場を離れた。

あれはエイリアンです・・・!地球外生物です・・・・!




今度、玉子を食べてみようかな♪
[PR]
by sinzow | 2012-05-29 10:11 | 展示・イベントのお知らせ
<< アートフェア プサン シール共和国☆結果報告 >>