カテゴリ:日記( 289 )

大新潟湊展

大新潟湊展に行ってきました。

久しぶりの「みなとぴあ」は桜が満開でした。

展覧会では、新潟の地形がどのように変化してきたかを辿っていて、それにより時代時代にどのような影響を与えてきたかが分かりやすく展示されていました。

ちょうど気になっているテーマだったので、図説付きで理解出来て満足した。

いつの時代も、世界のどこかで文明が興り衰退していく訳だけど、地形の変化も大きな影響を与えてるんだろうなと、考えたりもした。

私たちはさまざまな変化の中で生きている。



イザベラ・バードの新潟旅行記もちらっと紹介されていて、懐かしく思った。

十数年前この本を読んだ。

内容はイギリス人の女性が明治時代に横浜から函館まで歩く東北紀行。

特に記憶に残っているのは、たくさんの日本人たちが障子に穴をあけ、中にいるイザベラさんを一目見ようというシーン。

当時外国人は珍しかっただろうから仕方のないことかもしれないけど、障子の穴という穴から眼が覗き込んでいるというのはシュールすぎる映像として私の脳裏に焼き付いています。



あの時はまさか自分が新潟に住むとは思っていなかったな。
[PR]
by sinzow | 2014-04-18 22:58 | 日記

朝日村

d0097090_11294543.jpg


朝日村に行ってきた。

新潟市内から一時間半。

目当ては山菜採り。

かねてから行きたい行きたいと思っていて、砂丘館の小田さんに連れて行ってもらった。

正確には車に乗せて連れて行ったのは私だが、、、何を隠そう小田さんは朝日村の出身だ。

新潟で知りあった画家の蓮池ももさん、映画通の佐藤さんを連れ、小田さんの実家へみんなで押しかけに行ったのである。

ことの発端は「田舎の生活」だった。

「田舎の生活」は小田さんが個人で出しているミニ季刊誌。
そこに書かれている朝日村の生活は、私にとって驚きと輝きにみちみちていた。都会で育った私には未知の世界。それで、山菜の採れるこの季節に連れて行ってもらったのである。

早朝に市内を出て、9時には村に着いた。

前日「熊が出たらどうしよう、、、」と眠れなかった不安も美しい緑で吹き飛び、いざ山へ。

d0097090_18154473.jpg


まだ道があるあたり




先導は小田さんのお父さん。道なき道を進む。もうちょっと登山道らしき道があるのかと思いきや、バリバリと枝をなぎ倒し、木の枝に捕まりながら滑り落ちないよう前へ前へ。

上を見たら絶対私は進めなかっただろう。ただ足元だけ見て。子供のときアスレチック行ったなぁ。あの時は辛かったけど今は山菜を採るという目的がある。食べものためならどんな道でも!

しだいにウルイの群生地にたどり着いた。ロープを木に巻きつけ、おじさんが渓谷へと降りる。

こわくて行けないと初め断ったが、ウルイをもぎ取り、高らかに見せびらかす(?食い意地の張った私にはそうみえる)その様に触発され、勇気を振り絞って谷へ。(と言っても3、4mくらい降りただけ)

そこは楽園でした。


d0097090_18143187.jpg


この右側の崖を降りてきた

d0097090_18145030.jpg


私と佐藤さんの間にあるのは雪です。まだ残ってる。




きれいな水、掬ってのどを潤す。少し硬い水。
ももさん曰く、緑が降ってくる。
崖には無数の苔、植物、そこを伝う雫がなんだかエロい。

生々しい森。

ウルイを腰に巻いたカゴへぽんぽん投げ入れる。他にもミズ、コゴミも見つけた。

おじさんは崖をどんどん登り、姿が見えなくなる。森の人は違う。

川で腰かけて落ち着くと、近年味わったことのない猛烈な空腹感がおそってくる。

「お腹がすいたーーーーー!!」

叫んだりする。
熊も出てこれないだろうな。

帰りにわらびをたくさん採り、お昼は小田さんのおばあちゃんが作ってくれた「大海」をいただく。ダイカイはのっぺに似た優しい味でした。



d0097090_18133516.jpg


わらびとり

d0097090_20401228.jpg



かえるとたわむれる
[PR]
by sinzow | 2013-05-14 11:05 | 日記

影響された音楽 年表

年表作り。順次思い出したらup







1974 (0才)
1975

1980(6才) QUEEN

1984(10才) メトロポリタンミュージアム(大貫妙子)、カメレオン(シュガー)

1985(11才) 恋するニワトリ(谷山浩子)、大塚博堂

1986(12才) とんねるず、小比類巻かほる

1987(13才) 土曜日の玉ねぎ(斉藤由貴、作曲:谷山浩子)、佐野元春、wonder trip lover(岡田有希子、作曲:坂本龍一)

1988(14才) 久保田利伸、高野寛、杏里、レベッカ

1989(15才) バービーボーイズ、boowy、アンルイス

1990(16才) ブルーハーツ、サザンオールスターズ、ドリカム、渡辺美里、ユニコーン

1991(17才) ショパン、ユーミン、フリッパーズギター、東京スカパラダイスオーケストラ

1992(18才) ジャクソン5、クール&ザ・ギャング、荒井由美、中島みゆき、オリジナルラブ

1993(19才) ビリーホリデー、RCサクセション、フランス・ギャル、ギルバート・オサリバン、トム・ウェイツ、アントニオカルロスジョビン

1994(20才) パティ・スミス、サニーデイ・サービス、ラモーンズ、キャロルキング、エルビスコステロ、ベッドミドラー

1995(21才) フリーソウル、ジャニス・ジョップリン、山崎まさよし、ダイアナロス、電気グルーヴ、デペッシュモード、マドレデウス

1996(22才) 金信幸子、五つの赤い風船、トーキングヘッズ、タルカン、シェリルクロウ、RUN・DMC、エイフェックスツイン、真心ブラザーズ

1997(23才) レディオヘッド、レイジアゲインスト・ザ・マシーン、ビースティ・ボーイズ!レッドホットチリペッパーズ、かせきさいだぁ

1998(24才) CAN、REM、はっぴいえんど、スマッシング・パンプキンズ、テンプテーション、ローリンヒル、ブライアンイーノ

1999(25才) 大滝詠一、ショスタコーヴィチ、スライ&ザ・ファミリーストーン、ジャック・ジョンソン、カエターノヴェロウゾ、ジョアンジルベルト

2000(26才) スティービー・ワンダー、ノラ・ジョーンズ、エリッククラプトン、カーペンターズ

2001(27才) バンバンバザール、クレイジーケンバンド、リップスライム、キリンジ

2002(28才) 槇原敬之、ティンパンアレイ

2003(29才) トライブコールドクエスト

2004(30才) ブラックアイドピーズ、ハナレグミ、サンボマスター

2005(31才) 岡村靖幸、面影ラッキーホール、

2006(32才) 憂歌団、吾妻光良&スィンギングバッパーズ、

2007(33才) 三上寛、

2008(34才) 相対性理論

2009(35才)

2010(36才) フジファブリック

2011(37才) 朝崎郁恵

2012(38才) ウリチパン郡

2013(39才)
[PR]
by sinzow | 2013-04-23 11:47 | 日記

三月

d0097090_7595459.jpg


d0097090_7595630.jpg


d0097090_7595665.jpg



三月は私にとって特別な時です。

9日が誕生日で、39才になりました。

もう誕生日なんて興味もなくなってきましたが、やっぱり節目です。

自分の今までを振り返る良い機会になります。

そして今日は11日。

日本人にとって、大きな節目の日になりました。

震災の報道が連日なされています。



純粋な気持ちが衰え、気がつけば緩慢な日々。

ここ数日を振り返っても、汚れた行動の数知れず。

何の役にも立たない、くだらない業にしがみついている。

今日は少しでも挽回したいと思う。



二月は帯状疱疹で安静にしていたので

一部屋リフォームをした。

西向きの和室に雨漏りが見つかり、土壁に輪染み。

ぼろぼろと落ちる砂壁は40年物。

これを機会に壁は珪藻土、床は新潟の杉板に変えた。

換気扇も取り付け、湿度を下げる努力。

新潟は湿度が高いので、作品保存に不安があって、

毎日湿度計とのにらめっこ。

ようやく安心して保管できる部屋に変わりました。

地産地消、、、と思って新潟の杉板を選びましたが、無垢の板は思いのほか暖かく香りもよく、

部屋に入るときはわくわくします。

昔の人は木のにおい、畳のにおいに囲まれてアロマテラピー毎日できたんじゃないかしら、、、と

板の間に寝っ転がって考えています。
[PR]
by sinzow | 2013-03-11 08:19 | 日記

自分の感受性くらい

自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ




茨木のり子さんの詩です。

漢方もらっているお医者さんのロビーで、暮しの手帖を見ていた。

なんかレトロな本だけど、記事はわたし好みのものばかりだった。

ふきんの洗い方、干し魚のこと。

私は暮らしというものが大好きなので、これは大好物の本を見つけた。

お母さんやおばあちゃんが読んでいる本、と思って開いたこともなかったけど。



そこに古いけどとても美しい家の写真が載っていた。

使いこんだ家具、スペインや韓国のどっしりした小物。

茨木のり子さんの自宅だった。

有名な方らしいけど、私は初めて知った詩人。

胸をつくような詩がいくつか載っていた。

これはそのうちの一つです。
[PR]
by sinzow | 2012-10-19 11:11 | 日記

世界遺産・仏国寺

d0097090_754163.jpg


仏国寺のホテルより。

d0097090_7541626.jpg


虹の始まりはすぐそこ


d0097090_754175.jpg



d0097090_7541766.jpg


d0097090_7541869.jpg




プルグッサ(韓国語。仏国寺のこと)



スコールのような雨がバババと降ったあとの、この世と思えない風景

この世か

地球の成り立ちでも見てるかのような、、、壮大な風景。

突如山の前にバカでかい虹があらわれる。

虹の前、できたての不安定な雲が、私の眼前に迫ってくる。

おおおと思っていると山の稜線がいつの間にかぶ厚い雲に覆われ

そのぶ厚い雲の束はすごい勢いで、民族大移動のような感じで、左へ左へ進んでく。

力強い行進で。

それにつられて左へ目をやると、眼下には美しい棚田が広がってる。

棚田を輝かせているのは雲の行進の上の真っ青な、宇宙に近いような、青空。

真空のように透き通った空には小ぶりの雲さんたちが、今度は右へと大移動。

どどどど

真っ青な青空、右へ大移動の雲、左へ大移動の雲、そこに大きな虹がかかり、目の前のグレーの雲は私の方にどんどん迫ってくる。

迫力がすごすぎて、ハリウッドの特撮かと思う。

これが自然なんだろうけど。

おかしな逆転。





夜はゲコゲコ、朝はカッコーやチュンチュン。何種類の鳥が鳴いてるだろう。
騒がしいはずの鳴き声なのに、逆に山の静寂さを感じさせてくれる。

カエルのゲコゲコに自然を感じたが、棚田があるからカエルがたくさんいるんだと思うと、
人が作り出した風景でもあるんだよな。
[PR]
by sinzow | 2012-06-14 08:02 | 日記

冬の旬

私は旬病です。
旬のものがとにかく好きでたまりません。
最近、スーパーに近海物の魚を全然見かけない時があって、なんで?って思ってました。
せっかく新潟に来たのだから新潟の冬の海の幸を心待ちにしてたのに、全然無い。
でもニュースで言ってました。ずっと海が荒れて漁に出れなかったと。
ああ、、、そうか、、、そりゃそうですよね、あの日本海。
でもある日やっと晴れたのでいそいそとスーパーに出かけました。
最近お気に入りは漁港近くのスーパー。
100円の鯛を買って、蒸し焼きに。中華風ダレで食べました。
ご飯は加島屋さんの帆立ご飯。お味噌汁は岩船の麩。五泉の里芋と梅のサラダ。

d0097090_9502477.jpg



今の季節、庭に咲いてるのはさざんかです。
この前掃除をしていたら、紅茶の空き瓶を見つけて、なんだか風情がいいのでいつか花瓶に使おうと取っておきました。思いっきり和な仕立てじゃないところがお気に入りです。


d0097090_9502585.jpg



これは、、、旬じゃないけど大量にハーブティーを買いました。
最近は寒いのでジンジャーティー、ホットチリ、あとコールドシーズンという名前のお茶を飲んでます。オーガニックです。かなりスパイシー!



d0097090_9502566.jpg


新潟といえばお酒。
吉乃川のお酒にサルの盃。
このお猿さんはお父さんの収集物の中にあったもの。

d0097090_950265.jpg



奇抜な色彩の建物。明治ごろの写真館で、今は開放されていませんがかなりイカした建物です。
雪の中、旦那さんと見学に行きました。
黄金町の竜宮美術旅館を彷彿させます。

d0097090_9502737.jpg



こちらは回船問屋。立派なお家です。
中も見れるようですが、この日は時間が無くて行けませんでした。
次回のお楽しみです。

d0097090_9502882.jpg

[PR]
by sinzow | 2012-02-07 09:55 | 日記

冬眠したい・・・

d0097090_1452292.jpg
d0097090_14522241.jpg




新潟は雪です。

市内は雪はほとんど降らないと聞いていたのに・・・まさか・・・・

ニュースでも言われているように今年は特別寒いからかしら?

と思っていたものの

「これくらい大したことない」

と旦那さんに言われショック!

ほとんど降らないという言葉の中に、これは降ったうちに入らないということだろうか・・・・

昨日今日と慣れない雪かきをして腰が痛いです。

で、家からほとんど出ずに大人しくしてるのですが、なんだかずーーーーーっと眠たい。

冬眠か・・・・?



車は怖いので歩きで英会話スクールへ。


d0097090_1453398.jpg



つ、つららが。刺さったら死ぬだろうか

d0097090_14542074.jpg
d0097090_14543864.jpg


和菓子っぽいかんじ

d0097090_14545616.jpg


120号の作品。
去年の秋に韓国で展示する予定だったもの。
来月の個展に出そうと思います。


はぁ~。なんだかんだ、あと2週間弱で展示です!
[PR]
by sinzow | 2012-01-27 14:56 | 日記

正月

d0097090_22462514.jpg


玄関のクリスマスの飾りつけも


d0097090_22462661.jpg


龍にチェンジ

そして


d0097090_22462787.jpg


庭の花なんぞ生けてみたり

因みに花器は灰皿です。

こんな大きな灰皿、使いみちないなぁと思いつつ、かわいいからどうにかしたかった。

意外なところで役立ちました。



d0097090_22462865.jpg



d0097090_22462982.jpg



新潟では簡単におせちとお雑煮を作りまして、、、

ご馳走は実家の横浜で食べてきました。

たらふく。。。さしみとか。。

今でも腹がちぎれそうです。

中華街でもたらふく食べました。

あぁこーんなに食べたのに、また何か口が欲しがっている、、、


おそろしや。





あ、今年もよろしくお願いします。
[PR]
by sinzow | 2012-01-03 22:41 | 日記

北方文化博物館

最近二度も行ってしまいました。

北方文化博物館。

いやーここはお宝たくさん持ってて、驚きですわ。


d0097090_16595719.jpg


頭がウンコですわ。

これは中国の有名な三彩。



d0097090_1701097.jpg


すげえ旨い十割そばの店があったり・・・・
あ、かき揚げも絶品。


d0097090_1702488.jpg


のどかな民家もあったり・・・

d0097090_1712277.jpg



d0097090_17182596.jpg


かわいいキノコが生えてたり・・・とメインの建物全然撮ってなかったわ。

d0097090_17214167.jpg


こちらがメインの建物から見たお庭です。

きっと今頃は紅葉も進んで身頃ではないかしら。

美しい庭でした。

京都のお庭より豪快で、私好みでした。

銀閣寺の庭師が作ったそうです。



しかし豪農というのはすごいわ。

世界中のお宝もあったけど日本の焼き物から日本画からまぁ有名どころのものがたくさん。

遺跡もあったり、なんか総集めで。



新潟には他にも豪農の家ってのがけっこうあるらしいので、寒くなる前に巡ろうかと思ってます。
[PR]
by sinzow | 2011-10-30 16:56 | 日記