<   2007年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

小布施った6

翌日。

待望の、目的の、小布施ワイナリーへ。
お昼から見学。
ワインの事、何も知らない。
いろいろ質問するぞー、と意気込んでいたが
ワインの試飲をしたらすぐに酔っ払ってしまい、ふらふら。

でも色んなこと知ったぞ。
ブドウの種類も色々あって、
いろんな種類を育ててる。
ここの 赤ワインの主な種類はカベルネとメルローなんだけど
恐ろしい事に・・・・・・
長野にも温暖化の影響は出てきていて、
将来的にはこの種のブドウが育てられないかもしれないんだって。
だからもう少し高温の土地で育つブドウも試していて、
将来的に、温暖化が進んでしまったら・・・・そっちにシフトできるようにも考えているって・・・・・
悲しい話だね。

あと知ったのは、ブドウって植えたら1年目からワインに出来るわけではないんだって。
4年目位からやっとワインに適したブドウが育つそう。
大変だね、4年間はじっと我慢だよ。しかも4年目で取れても
今度は2年寝かすというから
おそろしく我慢の仕事だ。
即収入につながらない。だからヌーボーを出すんだって。

今回は年に2,3度しか見れないシャンパン作りを見ることが出来た。
1800年代のフランスでのシャンパン製法を取り入れていて
なんとも原始的な作業。一つ一つが手作業だ。
シャンパンの泡って微生物が出したオナラなんだよ。
オナラだよ、オナラ。
オナラが口の中でシュワシュワー、だよ。
うけるー。


そのあとは試飲部屋で、10種類ほどの酒を飲み比べ、
3本購入。

2005年のカベルネ(赤ワイン)とシャルドネ(白ワイン)、
それに今年のホイリゲ。ホイリゲは微発砲のにごり酒。シャンパンのようなもの。
酵母がまだ生きてる。
これはお正月に開けよう。



以上で旅は終了しました。

帰ってきてから具合が悪く、なぜか寝込んでいる私です・・・
[PR]
by sinzow | 2007-12-31 02:39 | 日記

小布施った5

お次は北斎館に行き、北斎晩年の作を見て、宿へ。

久々のユースホステル。
ユースは知らない人たちとお話出来る。それが楽しみ。
一人旅は5人いて、3人はスキー目当てだった。

食事のあとはみんなで近場の温泉に行った。
硫黄泉。こういう匂いを嗅ぐと、温泉に来たなあって思えるんだよね。

一人、50代の女性がいて、その方はオーストラリア在住35年とのこと。
顔つきも話し方も日本人ぽくない。
彼女は日本の習慣について語り続けていた。
海外から見ると不思議な事がたくさんあるらしい。
日本人の男性から油とり紙をプレゼントされたそうな。
それは私の顔が油っぽいってこと?!
侮辱してるの?!
ってね。
日本では今、油とり紙をお土産で渡すのはメジャーなんですよ・・・・
と説明した。
確かにあれ流行り始めたのってここ5年位?の事だから
外国に住んでる人からしたら不思議な事なのかもなあ。


なんだかんだお話してたら12時を回ってしまった。

夜部屋に帰ったけど全然眠れない。


岡村靖幸が私の頭の中にぐるぐる回ってしまう。
小布施にきたのに岡村靖幸
寝れないよーぅ。
[PR]
by sinzow | 2007-12-31 01:50 | 日記

小布施った4

中島千波館をあとにして、
お次は高井鴻山記念館へ。ここ、正直全然興味なかったけど
北斎館と中島千波館と合わせた、1000円のセット券があったので行ってみた。


d0097090_111180.jpg




!!!!!この家、なんとなんと、北斎の家なんです!!
感動。
北斎は小布施に何度も訪れていて、ついに鴻山が北斎のために家を建てちゃったとのこと。
ここで毎朝、獅子の絵を描いていたそうな。
小さなおうち。
古くなった柱のキズを見て、これが当時北斎が付けたキズなのでは・・・?と思いを馳せた。
でも北斎って江戸末期だから、そんなに昔のことでもないか。
でも、嬉しい~~~。なんか。

鴻山という人はこの土地の地主かなんかで、大金持ちで、
京都や江戸に遊学し、北斎を知ったとのこと。
で、北斎をこの地に呼び寄せ、絵の先生をしてもらっていたそうな。

だから北斎の描いたスケッチが大量に保管されている。
花、野菜、魚、鳥などのスケッチ。
線がエロい。
植物図鑑などに描かれているような精密なデッサンなんだけど
線が妖艶です。
動植物に愛情をたっぷり注いでる。
そんな印象を受けました。

しかし北斎、80歳過ぎてからの小布施訪問。
当時徒歩でしょ。江戸から。
しかも3回も。最後は88歳ですよ?!

健脚・・・・・
[PR]
by sinzow | 2007-12-31 01:12 | 日記

小布施った3

小布施には蔵が多い。
蔵を持った大きなお家が多く、みな良く手入れされている。
町並みが美しい。
新しく建てられた家も色を揃えている。
屋根瓦が黒、壁面が黄土色の家ばかりだ。

観光客もまばらな時期。年末だもの。
しかも帰省ラッシュの少し前。
町がしんとしている。

中島千波館。

日本画の巨匠。

私はこの人の描く花が好きだ。
桜、梅、バラ。
膨大な量の花図を描いてるんじゃないかしら。

もともと祖母が大好きで版画を2枚所有している。
一枚はシャクヤクの絵、もう一枚は着物を着た女性の絵。

居間にどちらかの絵を飾っていて、お正月とか、何かの節目で絵を差し替える。
それはいつも私の仕事だ。


作品は思ったより少なかった。
福の神を描いたシリーズが可愛らしくて、良かった。


掘り出し物は奥の大きな蔵。
「中に何があるんですか?」と聞くと江戸時代から明治時代までの祭り屋台が保管されてるとのこと。
なにい?!
民族熱がボワッと出る。
興奮。

d0097090_027543.jpg


四つの屋台、圧巻。

それぞれに味がある。
全てこの地域の屋台だけど、町の人の寄付金で出来たものと豪商からの寄付で出来たものの2種類があるそうだ。
長年引かれてきただけあって、持ち手の木の部分がとっても滑らかでピカピカに光っている。
どれだけの人が触ってきたのだろうか。

一つ一つデザインが異なる。
手前から二つ目のは、天井が障子で出来ていて大変珍しいとのこと。
色も黒白の2色格子柄。
祭り屋台は下の段に楽隊が入って、上の段では踊りを踊るなどする。
下の段には御簾がかけてあるんだけど
その御簾のデザインがまた美しいの!
ああ、でも言葉でうまく説明できない・・・・・





しばらく見とれていた。
この中はとても静かだ。
誰もいない。
外からの音もしない。
少し、恐い。
体が静けさに慣れてない。

私は日々、騒音の中で暮らしている。
住んでいる場所も職場もすごい騒音で、それに慣れてしまっている。

ここにいると、自分の心の中の思いが、すぐ私に突き刺さってくるようで、
真正面から受け止めなくてはいけないようで、
少し恐い。

一人ぼっちだ。
[PR]
by sinzow | 2007-12-31 00:21 | 日記

小布施った2

小布施にはいくつも栗専門のお店がある。
竹風堂、小布施堂、桜井甘精堂。

どこも素敵な佇まいで、どこを選んでよいのかわからない。
一番近くにあった桜井甘精堂に入る事にした。
そこで甘精堂御膳を頼む。

座敷で、よく手入れされたお庭を見ながら
これからの旅をどうしようかと考える。

隣には母と息子の2人組が座っている。
息子は20代半ば位で、
「お母さん、なんで小布施に来たかったの?」
「小布施って有名なのよ、一度は来てみたかったのよ」
なんて話して栗をつついてる。

素敵だなあ。あれくらいの年でオカンと二人旅なんてあまり見かけない。
なんとなく羨ましい。


d0097090_2355598.jpg



そして来ました、甘精堂御膳。
栗おこわ。
栗がおっきい!
まさかと思うくらい旨い!

ああ。生きてて良かった・・久々に出た「生きてて良かった」コメント。
いつも美味しい食べ物に出会ったとき出るんだよな、この言葉。

なんで美味しい、と感じたりするんだろう・・・・と考えても仕方の無い事について
延々自問する。私は「なんで病」だ。

そう思いながらも狂ったように食べる。
お次は手打ち蕎麦。うまい!
天ぷら。ひー、何このエビ!プリンプリンの熱熱。
茶碗蒸し。しいたけがぁぁ~~・・・こちらもプリプリ。
豚の角煮。こちらもまさかの旨さ。
全部当たりじゃ~~ん。
でもかなりの量。
食べきれるか?
最後、泣く泣くおこわを一口半、残した。

今、12時半。お腹は満腹。ズボンはパンパンで。
動きたくない・・・・

いや、これから中島千波館、北斎館、見るぞ。
[PR]
by sinzow | 2007-12-31 00:00 | 日記

小布施ってきた

いつものクセ。

突然旅の準備。

一泊二日の小布施旅行。

目的はもちろん、小布施ワイナリー。

行っちゃったよー。


d0097090_2334788.jpg



天気は最高ではなかったけど、霧が出てなかなかの雰囲気。
小布施といえば栗と北斎の町、なんだって。
初日はそちらを責めてみました。

まずは栗から!

d0097090_23362636.jpg
d0097090_23363854.jpg


「栗の木テラス」という素敵なカフェで、モンブランを食す。
これがまたウンメぇの。
栗がこれでもか!と入っていて、今まで食べたモンブランとはレベルが違います。
普通のモンブランには一体どれだけの栗が入ってるんだろう・・・と考えながら
食べちゃいました。
それくらい全然「栗度」が違います。
そして値段も安い!
350円位だったような。
[PR]
by sinzow | 2007-12-30 23:34 | 日記

ママ

風邪引いて寝込んでるはずのママ。
ふと見るとこんなことしてるよ。
ウケ狙ってやってるんだよ。



d0097090_23192046.jpg

[PR]
by sinzow | 2007-12-26 23:19 | 日記

ビオマクロティック

昨日はじめてビオマクロティックのお店に行った。
偶然。
なんとなく並んだら、そうゆうお店だった。

クリスマスのコースを食べました。
この料理すべてに卵、肉類を使用せず・・・・・

その中で料理を編み出すのは大変だろうなあ、と。

で、ふだん肉食な私には
あと、ちょっと、コクを・・・!
とか、
んん~~~なんか物足りなさを感じてしまうんだよね。

しかし食べ終わった後の感じがいつもと違ってスッキリ。
満腹感があるんだけどお腹にたまる感じがしない。

そして、今日の便通の良いこと!


コンビニ飯の味が若干気持ち悪く感じるなあ・・・・










人気ブログランキング





にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
[PR]
by sinzow | 2007-12-24 12:56 | 日記

岡村靖幸かっこいい!

岡村靖幸
[PR]
by sinzow | 2007-12-22 13:58 | 日記

「しんぞうのキモチ」展

あれから1ヶ月経ちました。
遅くなりましたが、展示風景です。

d0097090_1421911.jpg
d0097090_1423032.jpg
d0097090_1424590.jpg

[PR]
by sinzow | 2007-12-20 01:42 | アート