<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

NIPPON風景展 始まりました

昨日オープニングパーティー。
ついに展示が始まりました。

私は、会場に行ったのが昨日が初めてでした。
仕事の都合や、風邪を引いたりなんかしちゃったりで、、、、

十条駅は初めて降り、地図を片手にギャラリー&CAFE FINDへ。
5分ほどの道のりですが、時が止まってる街、で、懐かしい匂いがした。

コーポ○○、という古臭いアパートが立ち並び、狭い路地には銭湯、その隣にはコインランドリー。みな古ぼけている。
おかずの匂い、ヘンな名前の商店(なんか忘れましたが、ちょっとずれている屋号が多い)。

うきうきしてきた。

路地を抜けると緑の多い上品な小路があり、その奥にこじんまりした可愛いお店「ギャラリー&カフェ FIND」がありました。

2Fでは盛り上がってる様子。


この展示を企画してくれた、名倉さんがすごくいい表情をしていて、パーティーに来ているみんなも穏やかな笑顔で、幸せな時間を過ごしていた。
私も仲間に入れてもらい、色んな人と刺激的なお話をして、幸せだなー、と思った。
名倉さん、ありがとう。


NIPPON風景、という展示のせいか、和な色の展示だった。
激しい刺激ではなく、
こっそりとした刺激を求めている人たちの集まりなんじゃないかなー。
何気ない日常の中で面白さを見つけている、そんな空気を感じました。


帰りに1Fで「やきもの」を買った。納豆混ぜるのにちょうどイイやつ。





まだまだ展示やってるので遊びに来てください。
絵本ややきものも置いてあって、落ち着けるお店ですよ~。




--------------------------------------



rojicafe企画
「NIPPON風景」
~あなたにとって日本の風景を描いてください~

平成20年7月27日~8月9日
[会場]GALLERY & CAFE FIND

(参加作家)
・しもかわしょうこ
・高山裕子
・内野清隆
・鈴木萌子
・ハセウイ
・しんぞう
・丸山紗依
・神田ゆみこ
・湯本佳奈江
・星 岳大
・酒井義人
・ユキシュンスケ(サウンドトラック)
・山口洋佑(DM・サントラジャケ)
[PR]
by sinzow | 2008-07-29 00:16 | アート

まんが とか

先週の水曜から始まった風邪、早くも一週間。

今日は中耳炎を治しに耳鼻科へ。
あんまり行った事が無いので、不安。

待合室には本がたくさんあって、
ワンダーフォーゲルの本、私の大好きな雑誌Newton、宇宙の本、
なんと岩合ミツアキの犬の写真集とネコの写真集まであるじゃないですか!

私はほくほく顔でネコの写真集を見て満喫。

どんな先生なんだろう、とわくわくしてきた。


そしたらなんと女医さんだった。
ショートカットにメガネの、飾らないてきぱき姉さんだった。

カッコイイ・・・・こんな素敵な先生が杉田にいたなんて。
今度風邪引いたら迷わずココへ来よう。



家で寝てるだけだと余りに暇なので、古本屋に寄り、漫画2冊を入手。
吉田秋生の「海街diary 1 蝉時雨のやむ頃」
諸星大二郎の「魔障ヶ岳ー妖怪ハンター 」


2冊とも・・・良かった!!
特に吉田秋生、「BANANAFISH」や「櫻の園」が有名だけど、これもぉー、本当に感動。なんでこの人は毎回素晴らしい話が描けるの?!
第一話目で号泣。鎌倉が舞台で、腹違いの姉妹4人が一緒に生活を始めるストーリーなんだけど、悪態つきながらも仲良い姉妹で、みんな色んな苦悩を抱えながらも、お互い助けあって生きてるんだあ。

諸星大二郎、久々に読んだけど相変わらずひたひたと怖い話を描く。
夏だから妖怪ものも良いかも。と思って買ったけど、考古学者が主役の話なので、日本に昔からある神道系の伝説などが織り交ぜられてて、けっこう勉強にもなった。


以上。下は今日研ぎ上がって来た包丁です。マブシー。



d0097090_0344298.jpg

[PR]
by sinzow | 2008-07-23 00:24 | 日記

中耳炎 さざえ

先週水曜、39℃近い熱を出してから、ずっと風邪が治らなく、
ついには両耳中耳炎になってしまった。

だからしばらく寝てます。


d0097090_21491919.jpg



さざえです。

妹からのおすそ分け。
すんげえデカイんだこれが。

五島列島産。
去年も頂いたが、本当に美味しいさざえです。

見た目グロくて興奮します。
[PR]
by sinzow | 2008-07-21 21:51 | 日記

焼きナス

料理のカテゴリーを作ろうかしら。

d0097090_13164630.jpg


夏は焼きナスです。
簡単なのに旨いんだよな~
[PR]
by sinzow | 2008-07-18 13:17 | 日記

普通の人々

ロバート・レッドフォード監督の「普通の人々」。
見ました。

ロバート・レッドフォード。役者としてすんごいカッコイイ人。
役者より監督の方が才能あるんじゃないか、と言われてるようで、前から見たかった。

平穏な家族4人(両親、兄、弟)の生活が、兄の事故死により、空虚になっていく。
表面的には立派な家族。父は弁護士、母はキレイで社交的。家の中はいつもカンペキ。
弟は優等生・・・・・・のはずが・・・・・・

共感できる部分、多かった。
家族を修復する必要があるのに、世間体が邪魔をする。

最後はハッピーエンドとはいえない終わり方。
だけどその方が現実的な気もするし、陳腐な映画では無い。

私はとってもハッピーエンドを望んでいたようだ。
見終わったあと、ちょっとガッカリしたから。

でもそんな簡単に修復できるものでもないか。
時間が経てば、何か変わっていきそうな家族でもあった。
いい映画だ。
媚びてない。人物描写にウソが無い。
それぞれの立場、気持ちがよくわかる。
[PR]
by sinzow | 2008-07-17 19:47 | 日記

38.7℃

風邪を引いてしまった。
38,7℃。
こんな熱は久々。
今、首にネギ巻いてます。

ネギ、ホントに効くらしい。
ノドの炎症を抑えてくれるとか。
あと、眠気も誘引してくれるとか。

幼稚園で、子供を寝かしつけるとき、近くにタマネギのスライスを置いておくと
すぐ眠るんだって。面白いね。



風邪を引くとヘンな夢をみる。
コンクリートがノドに詰まってる夢。
「く、くるしい・・くるしい・・・!」
ペッ!!
っと吐き出したらのど飴。
のど飴舐めながら眠ってたのね。。。
[PR]
by sinzow | 2008-07-17 10:41 | 日記

オープニングパーティー

NIPPON風景展、がもうすぐ始まりますが、
オープニングパーティー、参加ご希望の方いらっしゃいましたら、
是非ご連絡をくださいませ~。

rojicafeさん、行った事ある方はご存知でしょう、味は間違いない!です!
今回は東京家政大学OBの方が作ってくださるそう。
その方の「田舎の料理」をイメージして作ってくれるそうです。
私は郷土料理大好きなので、、、楽しみですね~どんなものが出てくるのでしょう。
夏バテ気味の毎日、みんなでご飯食べて、ライブ見て、絵も見て、楽しみましょう♪

私の連絡先↓
se2zow_se2zow2000■yahoo.co.jp
(■を@に変えてメールくださいませ~)

rojicafe企画
「NIPPON風景」
~あなたにとって日本の風景を描いてください~

平成20年7月27日~8月9日
[会場]GALLERY & CAFE FIND
11:30~21:00(最終日は17時)
火曜日定休
*カフェとなりますのでワンオーダーお願いします。
tel 03-5876-7566

オープニングパーティー
7/27 18:00~21:00
2500円(お食事・ドリンクつき)
NIPPON風景展サウンドトラックのライブを開催いたします




(参加作家)
・しもかわしょうこ
・高山裕子
・内野清隆
・鈴木萌子
・ハセウイ
・しんぞう
・丸山紗依
・神田ゆみこ
・湯本佳奈江
・星 岳大
・酒井義人
・ユキシュンスケ(サウンドトラック)
・山口洋佑(DM・サントラジャケ)
[PR]
by sinzow | 2008-07-14 20:14 | 展示・イベントのお知らせ

展覧会いろいろ

昨日は恵比寿のナディッフに行った。
ナディッフとかマジカルアートルームとか
一緒になったビル。7月7日にオープンしたらしい。

しっかし道がわかりづらい~。
まさかこのウラじゃ・・・・?って思った所にホントにあった。
突然おしゃれな建物。

ここの2Fでマイミクの抜水摩耶さんが展示してます。
激しい作品です。

1Fは本屋さん、4FはCAFEバーで、1日ここで過ごせそうな雰囲気。
屋上には生意気の作品があった。

でもアートスペースって、どんどん裏道に追いやられていく気がする・・・
韓国はなんであんなにアートが盛り上がってるんだ?
アートバブルなだけ?すごい食えてる感じがしたな。



その後「かつらボクサー」の試合を見に行った。
もう日本ランキング3位まできてるらしい。
この試合も勝ったので、次は日本タイトルを狙うのでは。
「コグチ~~~!!いけ~~~!!」
と叫びすぎてノドが痛い。

後楽園ホールは普段会わないようなジャンルの方々がたくさんいるので
ついつい客席をガン見してしまいます。
あしたのジョーの客席のようです、本当に。
なぜか色っぽい女の人がたくさんいて、エヘヘです。
ムキムキな男の隣にはセクシィ美女がいるようです。

アート界には女か男かわからんような人が多いです。
[PR]
by sinzow | 2008-07-10 14:23 | アート

展示のお知らせ

rojicafe企画
「NIPPON風景」
~あなたにとって日本の風景を描いてください~

平成20年7月27日~8月9日
[会場]GALLERY & CAFE FIND
11:30~21:00(最終日は17時)
火曜日定休
*カフェとなりますのでワンオーダーお願いします。
tel 03-5876-7566

オープニングパーティー
7/27 18:00~21:00
2500円(お食事・ドリンクつき)
NIPPON風景展サウンドトラックのライブを開催いたします

d0097090_13565836.jpg



(参加作家)
・しもかわしょうこ
・高山裕子
・内野清隆
・鈴木萌子
・ハセウイ
・しんぞう
・丸山紗依
・神田ゆみこ
・湯本佳奈江
・星 岳大
・酒井義人
・ユキシュンスケ(サウンドトラック)
・山口洋佑(DM・サントラジャケ)




[PR]
by sinzow | 2008-07-09 14:18 | 展示・イベントのお知らせ

ターナー賞

ターナー賞を見てきた。

ひりひりする。イギリスの作家の作品は。

社会の問題がダイレクトに表現されていて、生々しく、痛々しい。
刺激的だ。

私が気に入ったのは虐待をテーマにした作品。
モノクロームの映像作品で、出てくるのは母と娘。
ハタチくらいの娘は下着姿で、母親に髪をつかまれ、頭を振り回されている。
娘がそこから逃れる事は簡単だと思うが(明らかに娘の方が腕力がありそうだし)
それが出来ない。苦渋の顔でその状況に耐えている。
精神的にコントロールされていると抵抗が出来ないのだ。
力が勝っていたとしても。
私も以前同じような思いを作品にしたことがあったので、
この映像に見入ってしまった。
この作品の面白いのは、映像を逆回しにしていて、少し不自然さを出しているところ。
それが余計眼を惹く。


d0097090_22405788.jpg

「虐待されても」2005年、私の作品。


私も長年親の呪縛に苦しんでいた時期があった。
フランス小説に「O嬢の物語」というのがあって、
内容は、主人公の女性が性の奴隷になっていくというエロティックなSM小説だけど(内容はかなり深いのでオススメです)、
この本のはじめに書いてあった件に私は驚いた。

『奴隷状態における幸福』
アメリカで起きた本当の事件のスクラップ。
奴隷解放に伴い、白人の地主が黒人奴隷達を解放しようとしたが、
彼らは「どうか奴隷のままでいさせてくれ」と懇願。
自由を知らない人が突然「自由」を叩き付けられると、どうしたらよいのか分からなくなってしまう。
奴隷しか知らないものにとって「自由」は未知なるもので、逆に恐怖を感じるのか。
文句を言いながらも、自分の道筋を誰かが決めてくれたほうが楽なのだ。
結局彼らを受け入れなかった地主が、奴隷達に殺されてしまうという最後・・・
そんな事件が実際にあったらしい。

これは自分の事だと思った。
今日こそ自由になろうという思いがあるのに、母親の眼を見ただけでコントロールされてしまう。あるいは眼を見なくても、思い出すだけでも効果がある。私を奴隷にさせるだけの。
私はあなたの召使いです。
きっとこうして欲しいと思っているだろう、こう動いて欲しいと思っているだろう、と先を読み、
行動している自分。苦しいけど、そこから抜け出せない。



暗に思っていたことを、この小説で突然に刺されて、ドキリとした。
「奴隷」という言葉が、それから気にかかるようになった。
肉体的奴隷も精神的奴隷も、同じようにコントロールされてる。
実際に経験していない人には理解できない感覚だと思う。

怪我をすれば傷口が眼に見えるから痛いのがわかる。ケアもしてもらえる。
でも心の傷は・・・・・自分さえも気付かないかもしれない。
それが違う形で現れてきたりもする。ある日爆発するとか・・・。


今日はいろんな事を考えさせられた。
[PR]
by sinzow | 2008-07-08 22:46 | アート