<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

野蛮なたび Barbarous travel vol.1

熊本から帰ってきて、2日経過。
ものすごい疲れ。
昨日は18時間くらい寝てた。


・・・・でも、思い出すと笑いがこみ上げてくる。
ホーリーマンのことを考えると、やはり書かずにはいられない。
(ご本人の了承を得ています。あ、でも納得いかない場合はホーリーマン連絡ください。修正しますよ!)





4月24日、朝5時起床。
羽田8時発の飛行機で午前中には熊本市内に入った。
まぶしい緑。旅行に行くと五感が敏感になるせいか、はたまた本当にそうなのか、わからないけど、
新緑が東京とは違う気がした。
黄緑色で、うっそうとしていて、湿気で濡れたようなみずみずしい木々。
バスに揺られながら、ライブペイントはこの緑を描きたいな、となんとなくイメージする。


バスを降り、少し歩くと、Gallery ADO(ギャラリーアドゥ)に着いた。

d0097090_1414226.jpg

Gallery ADO in Kumamoto

お店は開いているが、人は見当たらない。
辺りを見渡すと、小さな、おしゃれな店がぽつぽつ並んでいる。
石窯焼きピザ屋、インドカレー屋、雑貨屋さん・・・・ここ一帯は河原町という元問屋街です。


d0097090_14511561.jpg
d0097090_14515013.jpg

Kawaracho is a former wholesale district.The wholesale district is redecorated and it makes it to the shop.

まるで東南アジア。
この雰囲気・・・・・なぜか私はこういう場所に縁がある。
ロジカフェといい、韓国のDAMギャラリーといい、そして今回のADOさんといい、
古い建物を改築した所に縁がある。なぜだろう?

そうこうしている内にギャラリーオーナー黒田恵子さんが現れた。
初めてのご対面。
ウワサどおりの美人。そして抜群のスタイル。そしてオシャレ。
昔芸能プロダクションに所属してたそう。凡人とは違う空気が流れる。

でもお話してみると、親しみやすく且つサバサバした性格で、仕事をきっちりこなし、まさに「出来る人」というイメージ。DAMのギャラリーオーナーと似た緊張感を醸し出していた。
人の良さが滲み出ている部分にも。

d0097090_1554536.jpg

Owner of Gallery ADO

時間は穏やかに過ぎていく。





そしてホーリーマンさん登場。
d0097090_159955.jpg

Art horyman is artist.It is a curator of this exhibition.


今回私を熊本に招いてくれた彼。
思えば私に初めてメールを送ってくれたのが2年ほど前。
私の作品をGEISAIの本で見て、気に入ってくれ、自分もGEISAIに出してみようと思ったとのこと。
それで彼も銅賞を受賞した。
その後作品を買ってくれたりもして、お互いの顔を知らず、メールでのやり取りが続き、今回このような形で熊本で企画展まで組んでくれて感謝いたします、、、、、、、



展示の準備が始まった。
初日はあさって。
今回は70点も作品を持ってきているので、早めに動かないといけません。
早速作品を広げる。

〈仕事中〉

ホーリーマン「しんぞうさん、お昼おごりますよ!!!(テンション高い)」
しんぞう「わぁ~~ありがとうございます」
(以下ホーリーマン「H」、しんぞう「S」)

H「ほっかほっか弁当って食べたことあります?!!東京の、オリジン弁当なんかより全然美味しいですから!!それおごりますよ!!!!」
S「食べたことありますけど・・・でもありがとうございます。」
H「本当にお客さん集まるだろうか・・・・見に来なかったどうしよう・・・・・」
S「まぁ、それ考えても仕方が無いんで。」
H「今後の予定ってどうなってます?今年他にも展示あります?無いと困るんですよ、ここで僕が企画したからにはその後飛躍してもらわないと!!!」
S「ま、ありますけど・・・」
H「当日までに搬入終わるだろうか・・・終わらなかったらどうしよう・・・・」
S「ま、とりあえず展示していきましょうよ!」
H「・・・搬出のとき作品傷つけたらどうしよう・・・どうしよう・・・どうしよう・・・」
S「・・・・・」
H「東京の○○ギャラリーの今回の展示、いいですよね~!!しんぞうさんはどう思います?僕は××って作家が好きなんですけどしんぞうさんはどう思います?!!(その後機関銃)」
S「とりあえずその辺の話は準備が終わってからにしましょうか・・・・」


ホーリーマンさんの↑↓が続く中、トンカチが無いことに気づく。
これでは展示が出来ないので彼が家に取りに帰ってくれた。

・・・・・・・・・そして待つこと2,3時間。もう3時を過ぎている。
ここ、外国?流れてる時間が違うとか・・・そういうこと?
お腹も空いたしな、、、それかまさか事故?
携帯も持ってないらしいから連絡も取れない。

S「あのぅ・・ 」
ギャラリーは2Fで、下の階はカフェになっている。
そこで恵子さんがお店を切り盛りしている。
S「ホーリーマンさん、家にトンカチ取りに行ってくれたんですけど、戻らないんです。大丈夫でしょうか」
「家に?!ホーリーマンの家、近くないよ?トンカチだったら、近くの人に借りれたのに!」

えええ。大丈夫だろうか・・・・・だ、だいじょうぶなんだろうか、彼は・・・・・・・・

もうご飯、食べちゃおうかな。。。とそうこうしていると、ホーリーマンが普通に帰ってきた。

H「ちょっと道が混んでました~」
S「そうだったんだ、心配したよ。それにお腹空いちゃったよ。あ、そういえばホーリーマンさん、夕方に私を誰かに会わせたいとか言ってなかった?」
H「あ!そうですね、現代美術館の学芸員の人にアポ取ってるんですよ!じゃあ、今から行きましょうか!僕お昼とか食べなくても全然平気なんです!」 
S「・・・私お腹空いたよ・・・・」
H「じゃ、食べに行きましょうか!時間は夕方って言ったから大丈夫です!」

ほか弁を狙っていたホーリーマンを黒田さんが諭し、近所に美味しいカレー屋さんが出来たからと、そこを薦めてくれた。
しかしカレー屋に入っても驚きの連続。
これからは箇条書きにしたい。

・インドカレー屋だったので、ライスとカレーが別々に出てきた。(カレーが銀の器に別になってるタイプ)
「店員さーん!これ別々になってますけどどう食べればいいんですか?!」
・骨付き鶏肉がカレーに入ってるのを見て、「鶏肉が骨から外されてない!手抜きだ!」
・「いくらカレーのイメージが黄色いからって、ごはんを黄色にするなんて・・・・」(ターメリックとかサフランライスを知らない。ちなみにターメリック=うこん、も知らない)
・真っ赤なスパイスペーストがお皿の隅に付いているのを見て「店員さーん!(また呼ぶ)これ、なんですか?!これをどうすればいいんですか?!

彼は食べ物のことをぜんぜん知らない。
ほか弁と、マックがあればいいらしい。

現美に行き、戻ってくる。担当者は忙しいようで、会うことは出来なかった。(往復3km)

8時を過ぎ、夕飯は何にしようかと考えていたところ、ホーリーマンがある「とんこつラーメン」のお店を教えてくれた。
でも今日一日の経験上、どうも信じられない。みんなに聞いたところ、やはりその店はやめたほうがいいとの事。(笑)
「こむらさき」がいいんじゃない?と言われ、有名店だし私もそこは知ってるし、そこに決めた。

ADOの近くにホーリーマンの車が置いてあったが、歩いていける距離、とのことで歩き始めた。
・・・・しかしこれがいつまで経っても到着しない。
私は旅行初日、両脇に大きな重いバックを抱え
「まだ着かないの?」
と聞きながら
「もうすぐ、ですよ!」とホーリーマン。
「僕歩くのはけっこう自信あるんですよ~!」
とその発言が疲れを助長する。
着いたのは9時。
私の怒りは静か~~~に沸点に。(しかも今グーグルマップで調べたら、ADOからラーメン屋まで2kmあった。余計ムカッ。)

ラーメンを頼む。
d0097090_16534490.jpg

It is noodle of the Kumamoto special product.

H「餃子、1皿頼んで半分ずつ食べましょう」
S「うん」
餃子が来る。
するとホーリーマン、オモムロに餃子に醤油をドバーーーッ!!
S「ちょっとっ!!なんで勝手にかけちゃうの?!なんで人に聞かないの?!一緒に食べるんでしょっ?それにココに醤油を入れるスペースがあるじゃんっ!!」
H「えっ?!あ、ここのトレーの別れてるところ、醤油入れるために分かれてたんだぁ。ゴマを入れるスペースかと思ってた」
S「ビーーーーール!!!くださいっ!!」
H「しんぞうさんビールは展示が落ち着いてからの方が・・・」
S「いやっ。ビーールくださいっっ!!」

ついに私の頭はプチッ。大体ねーーーあのねーーーーちょっと言わせてもらうけどねーー私は5時に起きて20キロの荷物持って飛行機乗って来てんのに、お昼はいらないわ、夜は大荷物もって何キロも歩かせるわっ!!気遣いってもんがナイの?!

いやーー、僕そういうの、わかんないんですよねーー・・・
女の人って大変ですよねー・・・

女の人、とか、じゃないっ!展示の準備のときは関係ない話ばっかりして邪魔するし・・・・あれじゃ進まないでしょう?私たちは26日から展示をする目的があってそれに向かって行かなきゃいけないんだよ?

いやー、アートの話できる人って中々いないから嬉しくって嬉しくって。。。えへへ。

くどくどくどとお説教。

ホーリーマンは本当に天然で、わかんないのだ。
そしてその都度言って下さい、3日位は覚えてるので。と言った。

帰りにホーリーマンは私の荷物を持った。
少し気遣いしてくれて、私は嬉しかった。
でも車を止めてあるところまで歩いて戻ろうと普通に言った。
・・・・だからココから2キロあるんだって(笑)
でもホーリーマンにそこまで求めるのは無理なので、タクシーに乗って私は宿に帰ることにした。
セレブですね~、とホーリーマン。
荷物、10歩くらいは持っていてくれた、かな?

そして明日は私一人で準備するから、夕方5時半ごろ来てね、と伝え、これからは思ったことハッキリ言うからね!!と言ってタクシーに乗り込み、1日目は終了しました。
[PR]
by sinzow | 2009-04-29 15:05 | アート

肥後もっこす -Higo MOKKOSU-

d0097090_10325640.jpg

Kumamoto castle 

=肥後もっこす=
正義感が強く、一度決めたらテコでも動かないほど頑固で妥協しない男性的な性質を指す。それと相俟って、曲がったことを好まず駆け引きは苦手で他者を説得する粘り強さに欠けプライドや反骨精神も強いため、組織で活躍することは向いていないと言われる。
以上wikiより。





熊本行ってきました~~。
24~27日、展示設営、オープニング、トーク、ライブペインティング、温泉、阿蘇山、熊本城の詰め込み旅行。忘れられない、凄い旅になりました・・・・。





まずは観光から!!




d0097090_1033841.jpg
d0097090_10332081.jpg

Town in Kumamoto where tram runs


日本でも数少ない路面電車の残る町、熊本。広島、東京(早稲田らへん)と3ヶ所だけかしら?
150円で乗れます。
ある時5000円札しか無い、と運転手さんに告げると、マイクで
「どなたか両替できる方いらっしゃいませんか~」
とアナウンス。
そしたら皆財布を出して小銭を探してくれた。
小銭が無い人は私に「ごめんなさいね」と言ってくれたりして、なんかあったかいな、と思った。
そしてある人が名乗り出てくれて、両替ができました。





d0097090_10583027.jpg

Dumpling”IKINARI"

こちら名物いきなり団子。
サツマイモとアンコが中に入ったお饅頭。ふかしてある。おいしい。





d0097090_1145873.jpg

Art horyman

今回の展示企画者にして超問題児、アートホーリーマン
コイツのネタだけで本が一冊作れるんじゃないか?と思うくらいの超問題児。(児、といってももう36歳)
年上なので最初は遠慮していたが、、、あんなに人に蹴りを入れたのは久しぶり。
年上だけど、、、コイツと言っても罪は無いと思う!!!(彼の周辺の人は分かってくれるよね?!)
でもみんなに愛されるマスコット的存在。



d0097090_11103452.jpg

"RINSAI"

「鈴菜」という素敵な和食やさんでランチ。
熊本名物「水前寺のり」も食すことが出来ました。刺身も山のものも美味しくて、
大阪出身のマスターのお話もめちゃめちゃ面白くて、楽しい時間を過ごすことができました。


d0097090_1120587.jpg

Mt. Aso crater

阿蘇山火口。天気によってはここまで入れないんだそう。
毒ガスが・・・
この日は火口まで来れました。ケムリが迫ってくるようで怖い。

d0097090_11234125.jpg

Mt.Aso

地球上と思えない、不思議な空間、阿蘇山。
トルコのカッパドキアの風景を彷彿とさせます。



また展示風景、後日upします。。。。
[PR]
by sinzow | 2009-04-29 10:33 | 日記

新潟観光! Niigata sightseeing

ごーごー。

ふが。



今日は自分のいびきで眼が覚めた。たぶん。いびき。かいてた。気がする。
やはり一泊二日の新潟旅行は強攻すぎたのか、疲れが取れません。。。


昨日の日記のつづき。

d0097090_1334599.jpg

Slices of raw fish
d0097090_1334254.jpg

Earthenware pot rice
d0097090_13343970.jpg

fishbone fly in Negibouzu

新潟と言えば魚介!
夜はお刺身です~~。
葱ぼうずさんというお店。
このすごい盛り、これで1~2人前。しかも安い!!しウマイ!!
お魚さんがピチピチ動いていて・・・ちょっと怖いけど・・・
身が締まってて、大変美味しかったです。

私の興奮は絶頂に。うお~うお~言いながら食べてました。
久々に日本酒も頼んで。1合飲んでもなぜか酔わなかった。
大河ドラマ天地人にちなんで「かげ虎」飲みました。(天地人、面白くないけど・・・でも舞台は新潟)
さっぱりして美味しかった。

2枚目の写真は土鍋で炊いたご飯。
頼んでから炊いてくれます。
だし汁も付いてきて、途中からはお茶漬けにして食べました。
ウメボシ、ごま、わさび、のり、鮭、いくら、など付いてきていろんな味を楽しめる。
しかもオコゲがうまいんだ。

最後は舟盛りに盛られていたお魚さんたちをから揚げに。
いいね~無駄なくて。
でもちょっと大量すぎて、全部食えない。





翌日。

d0097090_1349299.jpg

sushi in Minato-sushi

寿司!!

寿司です!
ここは「港寿司」さんというお寿司屋さんで、有名店です。
夜食べに来ると大変なことになります。
でも今日はランチです。
ここのお店は店構えもとても素敵だし、優雅な気分にさせてもらえます。

d0097090_13493539.jpg




個室から見える中庭。緑がまぶしい。



d0097090_13495358.jpg

Eya Gallery in Niigata

新潟の画廊「絵屋」さんに寄りました。
企画の画廊で、何人かの方で運営しているそうです。
かなり素敵な雰囲気。
私の作品、宣伝してきました。



そんなわけで新潟旅行も終わり、今はどっと疲れがきて、、、、
でも新潟で手に入れた食材を端から調理しています。
うまいもん食うためなら・・・・!
たけのこ煮て、せり煮て、こごみ煮て、キュウリを漬けて、などなど。
横浜で買うと高い食材だらけ。
春野菜を今夜は楽しもうと思います。

&クール便で魚も届き、どう食ったろうかと思案中。
[PR]
by sinzow | 2009-04-21 13:48 | 日記

新潟ライブペイント終了 Livepainting in Niigata

新潟でのイベント「死刑囚からの手紙」が昨日終了しました。
ご来場くださった方々、ありがとうございます。

d0097090_20552360.jpg

It is Ms. Randy Taguchi,famous novelist, and the rehearsal of the reading.
写真中央がランディさん。朗読のリハ中です。

イベント当日、朝4時50分の電車に乗り、8時半ごろ新潟入りしました。
会場に着くとすぐに準備です。
みんなで打ち合わせやリハーサルをやって、時間がどんどん過ぎていきます。

イベントは、個展とは全然違う時間の流れ、、、とにかく常に押していて、バタバタなので、ちょっと緊張します。

あと、たくさんのボランティアの方々がいて、とても頼りになりました。
パンフレットの折込をしてくれたり、イベント会場の設営、受付係・・・ありがたいです。
私も以前新潟に来たときは、この裏方仕事を手伝いに来たのでした。懐かしい。


今回のイベントは死刑制度について考える、というものでした。

なので今回の月乃さんの朗読は、
「光市母子殺害事件」の被害者父・本村さんの日記。
妻子を殺されて、犯人には極刑しかない、と訴えている方です。
そして逆の立場、強盗殺人を犯して死刑囚となった島秋人氏の獄中での手紙、短歌。(獄中で短歌と出会い、その才能を開花させていった)

このイベントをきっかけに、この島秋人という人を初めて知りました。
この方の短歌は素直です。
あんまり短歌というジャンルは私にはわからないのですが、
(詠んでも情景が湧いてこないのが多いんです)
この人のは、わかりやすい。

温もりの残れるセーターたたむ夜 ひと日のいのち双手に愛しむ

これが深く心に刺さりました。

罪を犯して死刑囚となり、命について深く考えるようになり、、、。
そしてこのような美しい句が出来上がるというのは、皮肉なものです。

本村さんの日記も、ただ「死刑」を訴えているだけではなくて、「死刑」を訴えつつも、心は葛藤している。

ライブペイントは、これらに合わせてやりました。
人の心のこと、一言では言い表せない感情を画面に描きたいと思いながら、やりました。





d0097090_2055352.jpg
d0097090_20554724.jpg

Evening sun in the Sea of Japan

イベントが終わって、日本海に夕陽を見に。
うっすら見える島は、佐渡ヶ島です。
この美しい夕陽、まるで半熟卵。ラーメン屋で出てくる黄金色の。
美味しそうだなあ。
イベントが終われば、あとは食うことで頭がいっぱいです。

夕陽が沈むのを待って、その後は温泉へ。
海沿いの、塩の温泉であたたまって、

いざ夕食!


・・・・・眠いので続きはまた!
[PR]
by sinzow | 2009-04-20 21:46 | アート

すくい豆腐

d0097090_17462693.jpg

This is a dish of Japan "Scooping bean curd".


最近全然料理ネタをupしてませんでした。
毎日家にいて、ご飯も日常的に作ったりしてると、ウキウキしたり写真に撮ったりしなくなる。
でも久々に載せてこれ?って思われそうですが。
地味だけど美味しかったから。
急に寒くなると、こういうのが食べたくなる。

*つくりかた*
砂糖、醤油、ダシ(めんつゆでもOK)を煮立てて、ゆず皮を適当に入れる。
食べやすい大きさに裂いたしめじ(椎茸でもいい)を入れ、絹豆腐(絹の方が舌触りがつるっとして合う)を
スプーンですくいながら落とし入れる。
煮えたら最後に片栗粉でとろみをつける。
で・き・あ・が・り。あったかーい。

ゆず皮、便利ですよー。正月、大量にもらったのを皮をむいて細かく切って、果肉はジュースにして、それぞれジップロック等に入れて冷凍庫保存。
皮はうどんに入れても美味しいし、果汁はドレッシングに入れたり。
苦労は無駄ではないっす。



d0097090_17464234.jpg

The exhibition in Kumamoto is prepared.


あさっては新潟でライブペインティングですが、その翌週、すぐ熊本です。
持っていく作品がかなり多いので、作品写真をグループ分けしています。
食べ物グループ、車グループ、人物グループ、最近妹の赤ちゃん描いてるから、赤ちゃんグループ、などなど。

新潟&熊本なので、新潟のこと考えると魚介類ばかりがチラつき、熊本は阿蘇牛・・・・

とヨダレを垂らしていると、今日テレビで、軍艦島特集がやっていた!
軍艦島!あの憧れの軍艦島です!
なんと中に入れるようになったとか。い、いきたーい!いきたーい!

*軍艦島・・・長崎の海底炭鉱の島。小さな島にもんのすごい人がたくさん住んでいた。が、石油に需要が移行したことにより1974年閉鎖。今は無人で、建物だけが当時のまま残っている。軍艦島という名前の由来は、遠くから見たとき島全体がまるで軍艦のように見えるから。本当は端島。

熊本と長崎は近いんじゃないか・・・?などネットで色々調べてみたり。
グーグルマップで軍艦島を航空写真で見てみたり。かなり近くまで寄れます、町並みが分かるくらい。
でもHpなどみると問い合わせ殺到中で、予約はいっぱいかも。行く根性だけはあるんだけど。


色々含めて、楽しみです。
[PR]
by sinzow | 2009-04-17 18:07 | 料理

なぜにそこまで?

昨日今日とイベントに行ってきました。

ワンダーサイト本郷の展示会場でのイベント。

昨日は作家のいしいしんじさん×展示作家の下平さん、多田玲子さんのトークショー。

そして今日はパルコキノシタさん×牛嶋みさをさんのライブペイント、中島海さん×田中洋平さんパフォーマンス、ラ・サプリメント・ビバさんのお笑い?

パルコキノシタさんは有名なので(変わったパフォーマンスをたくさんしていて、パルコ賞をもらった人)名前はよく知っていたけど、お会いしたのは今日が初めて。

パルコキノシタさんが、たくさん助言をくれた。うれしい。
最初、私の作品、ドイツ人の男が描いてるんじゃ?と思ったらしい。
いつも日本人と思われない。
そして女でもない。


d0097090_17344286.jpg

こちらがパルコキノシタさん

d0097090_17372515.jpg

こちらもパルコキノシタさん

d0097090_17375411.jpg

生肉を使って描くライブペインティング。奥はみさをさん

d0097090_17384621.jpg


パルコさんの凄いところは、ドクメンタに毎回ゲリラで行ってることだ。
(ドクメンタ・・・・・ドイツで5年に一度行われるアートイベント。世界中の有名作家が参加する)

もう3回行ってるらしいから、15年の歳月が経っている。
しかもその都度やってるパフォーマンスが、すごい。

まず日本の博物館で800円のお土産用の埴輪を買って、ドクメンタの会場のどこかに埋める。
それを5年後に掘り返しに行き、また新しい埴輪を埋める。
掘り返した埴輪をコレクションする。それを繰り返す。
歴史捏造に興味があるらしい。


ナゾすぎ。でも、そのスケールのデカさに笑わずにはいられない。
笑いと尊敬の入り混じる感じ。



昨日も今日も、イベントに行って良かった。
たぶん今はいろんなものを体に注入したい時期のようで、話を聞きながら、
自分に刺さった言葉について色々考えた。


あと、桂離宮。
昨日テレビで特集されてたようで、姉がどれだけ凄いか事細かに教えてくれた。
その凄さは度を越えているようだ。意匠にしても、何もそこまでしなくても・・・・ってとこまでやりつくす。
引き戸の取っ手部分のデザインだけでも色々で・・・・羽子板型、扇型、月型、松、櫂・・・などなど・・・

あ、田んぼもあるらしい。なぜかというと、歌を詠むのに必要だからだそうだ。
そのために毎年、米を作ってるなんて・・・スゴイこだわりよう。

相当な興奮を得た。
桂離宮を見たい気持ちがマックスになり、とりあえず図書館で本をかき集めてきた。
つうかなんで今まで全然興味持たなかったんだろう?

たぶん行く。



あ、今日はなぜにそこまで?ってことが気になった日だったんだな。

なぜ、そこまで、する?って人に思わさせるのって、魅力的だよね。
[PR]
by sinzow | 2009-04-13 00:33 | アート

展示準備&東京アートフェア

今月は新潟でのライブペイントと熊本の個展と、盛りだくさんです。

今日は熊本個展の準備。作品の価格表を作ったり写真を撮ったり。70点ほど持っていきます。

かなり地味な、パソコンとニラメッコの作業なので、疲れます。でも頑張るぞ~い。


お昼はちょっと外に出て、走ってきました。

近所の公園まで。

たぶん2kmくらい。

ちょっとずつ、運動。

ココの公園はテニスコートと野球場があって、広場には少し桜の木も咲いていて、子供達は駆けずり回り、
老人はゆっくりと散歩し、なかなかいい雰囲気です。

走ったあとは柔軟と、歌の練習をして、その後は気にぶら下がったりとナゾな動きをして、リフレッシュしました。



そういやこないだ「東京アートフェア」に行ってきました。
不況という中で、かなりたくさんの人に驚きました。

このアートフェアは近・現代アート、骨董や工芸品などいろいろなギャラリーが参加していて盛りだくさんです。
私がいいな、と思ったのは押江ちえこさんのドローイング(西村画廊の作家さん)、クリストファーカッツ・ギャラリー、近代絵画では熊谷守一、曾宮一念の絵画、あとは茶杓、中国の昔の皿などでした。
頭が興奮してキンキンしました。

その後は高津戸さんの展示と、上原さんの展示に行って、かなり盛りだくさんなアート三昧デーでした。



今日の楽しい音楽

じゃがたら
[PR]
by sinzow | 2009-04-07 23:35 | 日記

さくら

やっと腰が治りかけてきた。

2月に壊して、3月にも壊して、今年は本当、ツイてない。

いまだにクシャミが腰に響くが・・・・

でもこれも日ごろの運動不足がタタっての事だからね。情けない。

「またジムでも通うかー・・・」

って。考えた。

でも29~34才の間に、私はジムを4回やめております。たぶん無理です。

結局やりたいことやらないと、続かないのであります。

そこで初心に帰り、わたしの好きなことをめいっぱいやることにしましたー。

散歩&カラオケ。

運動=ジムって決め付けすぎてたね。

遊びながら運動にもなるってのが一番いいじゃーん。

で、今日は歌いながら富岡公園まで歩いてみました。

d0097090_1750508.jpg


うわーい キレイ

まだ5分咲きくらいの木が多かったけど、中には早咲きの桜も。

あぁ・・・幸せ・・・・公園で本読んだり考え事もできるし、しばらくはいろんな公園を攻めてみます。

そしてトンネルの中のカラオケは最高。

あ、でも誰かカラオケ一緒に行ってください。

平日フリータイム希望。
[PR]
by sinzow | 2009-04-02 17:53 | 日記

ライブペイントにむけて

今月はライブペインティングを2回もします。
1回はパソコン使って、もう一回はナマで。

パソコンの場合は水彩ソフトを使って描いて、プロジェクターで投影します。
このWACOMの水彩ソフト、久々使うので、今練習中です。
いろんな機能が入っているから、けっこう難しいんです。

月乃さんの朗読、タダフジカさんのギターに合わせて、絵を描きます。
月乃さんの詩を思い出しながら、落書き・・・・・

d0097090_10512789.jpg


なにこれ こわい


本番は4月19日。新潟です。(死刑囚からの手紙、というイベント)
150名入る広い会場で、クロスパル新潟、というところなんですが、すごいキレイなんです。映像もかなり大きく写せそうで楽しみ。

それに新潟の海の幸も楽しみ・・・・
[PR]
by sinzow | 2009-04-01 10:50 | 展示・イベントのお知らせ