<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

いろんな時代

越後妻有でまたちょっと書きたい。

ツアー3日目、ジェームスタレルの「光の館」を見るため、一般のツアーに参加した。
5800円だったか。バスツアーで、帰りは越後湯沢駅まで連れて行ってくれる。
東京方面から来る人はこのツアー、便利だと思う。
越後湯沢駅で乗って、昼食つき、丁寧なガイド付きで。
(パスポートは別料金、一般3500円、学生2500円)

一般のツアーに参加して、面白かった。
アートフリークの方がたくさん乗っていて、お話しすると、皆さんよ~く知ってる。アートのいろんな事。

「ざけんなよ!!独りよがりの作品作ってんじゃねーよ!!」

イマイチな作品には容赦無い。でもこれがナマの声。
50代くらいの女性、新潟に住んでいて数年前からトリエンナーレにはまっているそうだ。
気に入ってるのは鏡のたくさん張り付いた家、「再構築」。行武治美さんの作品。
写真でしか私は見れなかったが、なんだかすごそうな作品です。見てみたい・・・

「私はね、本当に良いものはちゃんと褒めるから!!」

すごい熱い人だった。
これだけ自己主張できる人がたくさんいたらいいのに。


あとは、すごい19歳女子と出会ってしまった。
ニコニコしながらピシャリピシャリと作品を斬っていく。
それが的を得ていて、納得。どんどん彼女の話に吸い込まれていって、
「もっと教えて~!もっとどう思ってるか教えて~!」
と興奮してしまい、帰りのバス、そして越後湯沢で降りてからも食事をしながら1時間ほど話し、さらに東京駅までの新幹線の中でも熱烈トークをしまくった。

私の19歳のときと全然違う・・・・
持っている情報量が違う。
兎に角ものすごい詳しいのだ。

よくよく聞いてみると、彼女の家には小学2年生のときにパソコンが入り、5,6年生の時にはインターネットを自由に使って良い環境にあったそうだ。その頃からアート情報を大量に吸収していったらしい。
中学で村上隆さんの「芸術起業論」を読み、、、えぇ~~っ!という感じ。
世代の差・・・・
私にとって「芸術起業論」はまだ最近のことだけど、彼女にとっては遠い昔の話だろう。
同じ年数が経っていても時間の流れが違うと思う(たぶん)
なんとゆーか20代の私がそれを呑み込むまでの時間と、10代のそれとは違うと思う。

同じ19歳までの出来上がり方が違うと思う。
良いとか悪いとかではなく、違う。
そしてすごく興味がある。

どんな風に感じているんだろう?とか、これからどうして行くべきだと考えてるんだろう?とか。

色々聞いたところ、すごく突拍子の無いことを考えている訳でなく、
「本当に良い作品を真面目に作っている人が生活できないとか、インフラの整っていない部分がまだまだたくさんあるから、そういう人たちがもっとやり易くなるような環境を整えていくために自分に何が出来るか考えている」

立派。

すげえヤツがいるもんだなあ。。。




あともう一つツアーの話。
東京芸大生たちの展示が廃校になった小学校で行われていた。
展示を見て外に出ると、学校玄関前の芝生に10歳くらいの子供達が4人ほど、チャリで乗りつけて遊んでいた。

「どこに住んでるのー?」
と話しかけると、
「ここのすぐ近く!!いっぷんダヨいっぷん!」
とみんな元気に、我こそがと話しかけてくる。
ひとり
「うんこうんこ!!」
ばかり言ってる子もいたが(なんで子供ってウンコとか言ってると嬉しいんでしょ。私はこういう子供が好き。っていうか一緒になってウンコウンコ言ってましたけど)

「今は学校までどれくらいかかるの?」
と聞いた。
前はこの学校に通っていたのだから。
今は廃校になってる。
近所なのになあ。

「バスで・・・けっこうかかるよ」
「そっかぁ」

ううー
なんかなー
切ない。
目の前に慣れ親しんだ学校あるのに。
こうやって学校がやってなくても遊びに来てるってのが、なんか切ない。
そいうのってどういう気持ちで捉えてるんだろう。


みんなそれぞれの時代に生きる。
いろんな違うことを体験していく。
いろんなバックグラウンドを持った人が、一緒の時を共有して、一緒になんかイイもの作っていけたらいいなあ。
[PR]
by sinzow | 2009-07-30 18:08 | アート

越後妻有トリエンナーレ・再び

越後妻有トリエンナーレ行ってきました。

26日から始まりだったので、少し早めの24日に現地入り。

d0097090_2353481.jpg

越後湯沢ですごい人の数。。なんとこれはフジロックに向かうお客さんでした。びっくりした。
でも途中からトリエンナーレに流れてきた人たちもいました。

24日作品確認して、25日は関係者のバスツアーに参加しました。

26日、初日は開会式&バスツアー。サイコッキョウさんが舞台に上がり、挨拶するなど。。。かまぼこ画廊の仲間たちも来ていました。小沢さんもお嬢さんを連れて。

27日は一般のツアーに参加し、3日間もトリエンナーレを満喫してしまいました。

強く印象に残った作品は、塩田千春、向井山朋子、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、など。他にもあったかもしれません。また思い出したら書きます。

350点もの作品があるので、全てを見切ることは出来ませんでした。

とりあえず今は疲れた。またブヨに6ヶ所も刺され、学習能力の無い私です。

かゆい。熱い。

素晴らしい作品&里山の美しい風景&温泉など楽しいこと満載の反面、自分の作品に対する反省が・・・

いい作品は場との空気がバチッと決まっている。

すごく勉強になりました。




以下写真。ランダムに。

d0097090_237367.jpg

まつだい駅前のそばや「善屋」さん。ざるそば、ボリュームあります。おいしいです。
d0097090_2374773.jpg

まつだい駅を降り、いざ自分の作品のある「農舞台」へ
d0097090_239674.jpg

かまぼこ型倉庫。私は左から2番目の場所で展示しています。
d0097090_23101589.jpg

十日町駅近くの有名なそばや、小島屋さん。すごくおいしい~。ソバはもちろんのこと、まいたけ天ぷらが超うまい。
d0097090_2311531.jpg

塩田千春さん作。空家プロジェクト。
d0097090_23124192.jpg

十日町キナーレでの開会式。
d0097090_2313302.jpg

記念写真。
d0097090_23141814.jpg

里山にはこんな風景がよくある
d0097090_2315658.jpg

渡辺英司さんの展示in福武ハウス。
d0097090_23162064.jpg

三省ハウスから眺める朝日。この日は4時に起きてしまった。
d0097090_23212612.jpg

d0097090_2328306.jpg
d0097090_23285561.jpg
d0097090_2329972.jpg
d0097090_23292667.jpg
d0097090_2329416.jpg
d0097090_23295414.jpg
d0097090_2330772.jpg
d0097090_23301994.jpg
d0097090_23303073.jpg
d0097090_2330482.jpg
d0097090_2331119.jpg

d0097090_23324392.jpg
d0097090_23325551.jpg

[PR]
by sinzow | 2009-07-28 23:17 | アート

さいきんのコネタ

「吾妻光良」聴きながら雑用すると、はかどるはかどる。
パソコンに入っているソフトで音楽流しっぱなしにしていたら、自動的に次の曲、
三上寛になってびっくらこいた。
三上寛はフンフンフン♪なんて鼻歌で聴けない。
けっこう着合いを入れて聴かないと。腹に響きすぎる。

ユーチューブノンストップで椎名林檎を見た。聴いた。
椎名林檎は綺麗な女だった。たまらん。
舞台の作り方も素晴らしい。
いろいろ見ていたら美空ひばりの「車やさん」をカバーしていた。
私もこの歌が好きで、カラオケで時々歌いますが、めちゃめちゃ難しいのです。
りんご流にアレンジされていて、素敵だった。

坂口安吾を読んでいる。
共感できる所が多く、一文字一文字が重い。
「青春論」の中で、女性とは○○だ、と彼の考えを述べている段落があって、ムキになって読む。
このムキになる感じが自分でもおかしいと思う。
女性とは・・・と言い始めたところで私の心がとても挑戦的になっているので。
心がケンカ腰になっているのです。
日本人とは・・・とか、そういう文を読むときと明らかに心のあり方が違うので、自分でもあれ?と。
いろいろと心当たりを探ってみるけどコレが原因、という確実な答えも見つからないままモヤモヤ。
いろんな事が積み重なっているのでしょうけど。
もっと冷静に読みたい。
[PR]
by sinzow | 2009-07-23 22:23 | 日記

韓国風スペアリブ

d0097090_14465211.jpg


韓国風スペアリブです。
盛り付けがヘタ。


来年も韓国で個展決まりそうです。
3月4月あたりに。
恋しいな。
またあの「ゆかいな仲間たち」に、早く会いたい。
[PR]
by sinzow | 2009-07-21 14:51 | 料理

古い脳

爆笑問題の「ニッポンの教養」、あれは面白い番組だ。
毎回、様々な分野の博士や教授が出てきて、自分の研究について語り、
爆笑問題が素朴な疑問をぶつけ、質疑応答。

こないだは味覚について研究している先生が出てきた。
途中から見たが面白かった。
今、私たちは「新しい脳」ばかり使っていて「古い脳」をあまり使わなくなってきているのだそうだ。
新しい脳というのは情報脳。
本来人間は苦いものを嫌うが、歪んだ味覚が備わってきて、コーヒーやらビールやらを楽しむようになった。
食はもはや生存目的より趣味の領域に入ってきてるらしい。

あとブランドで判断する。
例えばこれはコシヒカリだ、とかこれはイベリコ豚だ、とかで判断して食べている。
数年前からイベリコ豚がやたら流行って、ちょっとシャレた店に行くと
「イベリコ豚のなんたら」なんて料理がある。横浜東京そこらじゅうにイベリコ豚がいるので、、、
これは、アヤシイ。
食べたこともあるけど、「さすがイベリコ豚!おいしい!」なんて体験まだしたことない。
私が行く程度の店では。きっとインチキが紛れ込んでるんだろう。でも怖いのは「イベリコ豚、だからおいしいんだ!」と判断し、満足してしまう脳。それだけではさすがに虚しい。

新しい脳に対して古い脳というのは
ずばり「おいし~い!きもちぃ~~!」と思う気持ちそのもの。
要するに自分の感覚をただ信じるってこと。
情報に左右されず「俺がウマイと思ったもんはウマイんだ!」と胸張って。

これは食に関してだけでなく、古い脳は鍛えた方がいい。
自分を見失わないためにも。
[PR]
by sinzow | 2009-07-18 01:48 | 日記

キタさん

d0097090_12305080.jpg

キタさん、acrylic on canvas,91×116.7cm


久しぶりにおうち描いた。
Ms.Wさんから頂いた家の写真がすごく良くて、
駆り立てられました。

キタさんは小学校のときに同じクラスだった男の子で、
描き終わった後、「キタさんの目だ」と思った。
なのでキタさん。




芥川賞、ノミネートの中に戌井さんがいて、びっくりしました。(賞は磯崎さん)
トーキョーワンダーサイトでの展示「座布団レース」で一緒に展示した戌井さんです。
去年もノミネートされてたらしい。
文章はさらさら~っと読めて、ポールオースターと似た雰囲気を持ってる。
さらさら読みながらどんどん奇妙な世界に引きずり込まれていくような、そんな感じ。
[PR]
by sinzow | 2009-07-16 12:34 | アート

暑い時期に。

d0097090_22265561.jpg
d0097090_2227539.jpg



関東梅雨明けしました。


暑いっス。

暑いときは薬味があると食欲湧きます。

シソとバジルを育ててるので(というか勝手に育っている?)、それを使って料理してみた。


ひとつめは大根サラダ。
大根、シソ、ミョウガ、ウメボシを千切り。
めんつゆとお酢、それにサラダ油を少したらして混ぜ、最後にオカカをかける。


ふたつめ。
きのこマリネ、カレー風味。
エリンギ、えのき、シメジ、ピーマン、タマネギ、パプリカ、ニンニクを食べやすい大きさに切る。
固いものから順に炒めて、酒、ワインビネガーをふりかけ、少し煮る。
味付けは塩コショウ、コンソメ、ノンオイルのツナ缶、それに一つまみの砂糖。
最後にガラムマサラとバジルで香り付け。




久々にホーリーマンから電話があった。
ホーリーマンはニューヨークに旅行に行ってきて、ニューヨークの凄さについて語ってくれた。
面白い話をたくさん書きたいけど、あんまり書くと悪いので一つだけ。
帰りの飛行機に間に合わなかったらしい。
さすが。



------------------------------------------------------------------------------------------------





d0097090_22442853.jpg


ちりがみ、ビリリ。
なんかゲボッて感じで。
気に入った。
[PR]
by sinzow | 2009-07-14 22:34 | 料理

迎え火

d0097090_2165367.jpg


先祖お迎えの日です。

今日はおばあちゃんの家にも行ったので、自宅と、おばあちゃんちと、二ヶ所でお迎えしました。

私はいつになっても覚えられません、この行事のこと。

何度かやってるけど、毎回「どうやるんだっけ?」っと首を傾げます。

最後に火をまたぎました。

これをすると病気にならないそうです。



今日はキャンバスに塗るジェッソを買いに行きました。
いつもは「超微粒子S」を買っているんだけど、今日は「L」にしてみました。
今までは麻布でキャンバスを張っていて、表面がざらつくのでSでなめらかにしてたんだけど
綿布を買ったら、表面がツルツルしすぎちゃって逆にザラツキ感を出したくなった。
[PR]
by sinzow | 2009-07-13 21:16 | 日記

柔らかな器

9月のグループ展「柔らかな器」は、東京の江戸川橋で行います。

d0097090_22463928.jpg


またまた模型を作っています。作りながら、やはり、かなり広い。

もとサウナ&健康ランドだった場所だから、見せ方にも気をつけないといけない。

あと2ヶ月。がんばらねば。

今日はキャンバスも3枚張った。肉体労働。汗がしみる。



---------------------------------------------------------------------------------

私が一番感動するのは人と心が通い合った、と思う瞬間。

本当に思っていることを打ち明けたとき。打ち明けてもらったとき。

心からの言葉、思いは、ちゃんと人に伝わる。

そういう瞬間が一番シビれる。



そういう瞬間をたくさん増やすために、行動に移さなくちゃいけない。
[PR]
by sinzow | 2009-07-12 22:49 | アート

終了-ART&PHOTO BOOK 2009-

d0097090_20344399.jpg

子供 48.5×46cm acrylic on canvas

上は展示風景です。

展示&カフェ終了いたしました。
といってもカフェは全日程がんばれませんでしたが・・・
けっこう疲れが溜まっていました。私がいない日に来てくださった方々、すいません。
また、ときどき、やるかも!
今度はケーキくらい作っていくさ。


9月に江戸川橋でグループ展を控えています。
グループ展といっても、かなり広いスペースでの展示なので、個展よりも規模が大きいかも。
頭の中でごにょごにょ考えていて、眠れなくなります。
でもさーんざん悩んだ挙句、初心に戻って眠りにつきます。
[PR]
by sinzow | 2009-07-11 20:48 | 展示・イベントのお知らせ