<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

DITTO&はん亭

d0097090_11393376.jpg


昨日はDITTOのコンサートに行ってきた。

母の付き合いで。

d0097090_11383095.jpg


おんなじ顔。

DITTOとは韓国クラシック音楽界のアイドル・スター軍団で、ピアノ、バイオリン、チェロ、ヴィオラの4重奏。

日本でも大人気の五嶋龍くんプレゼンツということもあってか、すごい人気だった。

東京国際フォーラム、いったい何人入ってるんだ・・・ってくらいの人の数。

d0097090_1139271.jpg


なんと5000席だって。

5000席って何?!

でも席はほぼ埋まっていた・・・・すごいね、そんなに有名な人たちなのかな。韓流ブームが関係してるのか。

演奏はオーソドックスすぎて、私は退屈で半分寝てしまったけど。

選曲ももうちょっと変化をつけて欲しかった。



しかし昨日の収穫は新丸ビル「はん亭」での食事。

「はん亭」は根津に本店がある串焼きやさん。まさか支店があるとは。

根津の本店は蔵付きの美しい木造建築で、取手に住んでたころ見つけて、妹と祖母と3人で食べに行った事がある。

上品な串揚げで、一つ一つの具材に工夫が施されていて、食べるごとに楽しい。

もう10年近く前のことです。

その支店が丸ビルにあるなんて。

店構えはちょっと軽めで、本店とはイメージがかけ離れていたけど、味は・・・ウマい!




まずはビール。ビールの泡がきめ細かく、薄いグラスの口当たりもよく、、、、気分が上がる。

お通しのトマトのジュレ、刺身と九条ネギのムース和え、ピクルス、定番の野菜スティック。

どれも一品食べるごとに驚きがある。

ピクルスの中に、見た目冬瓜的なお野菜があり、でも食べてみるとクニクニした食感で、??

ナタデココに似てるような。

聞いてみるとなんと青パパイヤ。青パパイヤのピクルス・・・やるねぇ。

野菜スティックの中にもナゾの植物が。

見た目多肉植物、表面にはびっしり水滴のようなものが。さわっても水滴は落ちません。細胞らしいです。

そのまま口に入れるとプチプチとした食感&みずみずしさが口の中に広がる。

美味しい、というか興奮?

これはバラフというお野菜でした。



そんなこんなでメインディッシュの串揚げが徐々に運ばれてくる。

レンコンのカレー肉味噌詰め、スモークチーズとオクラの串揚げ。

谷中しょうが、帆立のシンプルな揚げ、ち鮎のほろ苦い揚げ。

変わりどころでトウモロコシの揚げ。これはクリーミーに味付けされていて、なんでしょう、コロッケのような感覚?でも上品。

エビの串揚げだけが消毒液臭くて残念でしたが、、、

定員さんの態度も素晴らしく、また来たいお店でした。
[PR]
by sinzow | 2010-06-29 11:11 | 料理

混乱


私はマイミクが150人位いるけど、最近明らかにミクシィ日記が減ってきた。

ミクシィ日記を書く人がかなり減ってきたのだ。

かくゆう私もブログ更新度が落ちている。

ツイッターへの民族大移動が起きたせいかな。

ツイッターだと友達の近況も個展のお知らせも最新ニュース情報も全部いっぺんに見れるから確かにラク。

一通り見終わって、ミクシ開こうとすると・・・ワタクシの手が「メンドくさい・・・」と拒否ってる。

新しい機能が増えすぎたってのも煩わしさの原因の一つかもしれない。

つぶやき、ゲーム、、、それにパッと見画面に情報多すぎ。

前までメンドいと思っていたfacebookのほうがまだいいかな、と最近思ってきた。

facebook、ミクシ、ついったー、あとタンブラーとか。

今後どのような末路を遂げるのでしょうか




7月3日のイベントせまってきました。

おかげさまで予約いっぱいだそうです。

湯浅さん、香山リカさん、さかもと未明さんと有名人いっぱい出ますからね・・・

ただ当日券は少し出るので、入れるかもしれません。

ご興味ある方下記をクリックしてください↓


ストップ!自殺~どん底からの出発~


主催者の月乃光司さんも7月に西原理恵子さんとの共著が出版される事が決定しました。

オサケについてのまじめな話



サイバラさんという超強力有名人とタッグを組む事によって、ふだん手に取らないような方が読んでくれるかも。

アルコール依存に対するイメージが今後少しでも変わるといいですね。
[PR]
by sinzow | 2010-06-27 12:47 | 日記

「かまぼこ画廊」募集のお知らせ

小沢さんの新しい企画です。

去年私が参加させていただいた、越後妻有トリエンナーレの「かまぼこ画廊」。

次は2012年開催予定ですが、それに向けて新しい企画が動き出しています。

今度は長期的プランです。面白そうですね。

ご興味のある方、ぜひ応募してみては?!



------------------------------------------------------------------------------

おっす!
おれは「かまぼこアートセンター」。

2012年に越後妻有で行われる「大地の芸術祭2012」に大小7つのスペースを使って、作品を展示するアーティストを大募集するぞ。

大事なのは、2012年までの間にみんなで何度か合宿をしてリサーチをしたり、ワークショップをしたり、ホームステイしたりしながら、地域に根ざした作品の制作と発表を目指すんだ。展示プランは、来てから考えればいい。

まずは作品ファイルと参加にあたっての意気込みを書いた文章を送ってくれ。
さあ、おいらとこの地域に新しい風を吹き込み、新しい活動を始めないかい?


==================================================================
*8月2日(月)~4日(水) の 第1回合宿に参加できること、など参加条件があります。



詳しくはこちらをクリック
[PR]
by sinzow | 2010-06-22 10:24 | 展示・イベントのお知らせ

カプセル

ちまたではW杯一色の今日この頃ですが、私はウィンブルドンが密かな楽しみです。

だって密かにならざるを得ない。誰も語る相手がいないんですもの。

なんでテニスって人気ないのかねぇー


先週あたり小惑星探査機「はやぶさ」が随分話題になりました。

あれ、ニュースをうっすら聞いてたら、小惑星が「小学生」に聞こえ、

小学生、カプセル、&オーストラリアの砂漠の映像を見て、完全に

「どこぞの小学校が自分たちの将来の夢が詰まったタイムカプセルを、かの地オーストラリアに埋めに行った計画」

と勘違いしました。
[PR]
by sinzow | 2010-06-21 14:21 | 日記

梅をもぐ

ばあちゃんちの梅の木。

今年はあまり付きが良くなかったらしい。

梅雨に突入したので急いでもぎに行った。

d0097090_22441199.jpg
d0097090_22443990.jpg


ばあちゃんに借りたアッパッパーと麦わら帽。

脚立にのぼり、炎天下のなか必死にもいだ。

難関にある梅たちを取るには体をねじり、顔には土をかぶり、けっこうアクロバティック。

ふだん運動不足の私にはちょうどいいかも。


d0097090_22453330.jpg


取れた梅たち。いやぁ~疲れたよ。

これで梅ジュースを作ります。

来年が楽しみ。





庭いじりは結構好きなほうなんです。

昨日はゴーヤの間引きをして、、、間引いた葉っぱが勿体無くて、全部天ぷらにして食べた。

d0097090_22503215.jpg


葉っぱのみ。苦味はほとんど消えてる。最後にほんのりくる苦味はオツな味。

d0097090_22513020.jpg


こちらはかき揚げ。タマネギ、人参のいつものかき揚げに+ゴーヤ。彩りもキレイでいい。

d0097090_22535755.jpg


こちらも庭のシソを取ってきて、ギョーザの皮にチーズとシソを入れて、焼く。おつまみに。





梅をもいだあとは、ばあちゃんと二人で去年作った梅ジュースを飲み、しばし休憩。

去年の梅が今年の梅ジュースになって、今年の梅が来年の梅ジュースになる。

地味だけど、とてもぜいたくなことです。

ばあちゃんは92歳。今日はオランダ戦だ!と張り切っていた。

梅は元気の源?
[PR]
by sinzow | 2010-06-19 22:48 | 料理

赤ちゃんづくし&チャラヤン展もうすぐ終わり

赤ちゃんづくしの日。

妹の子供を訪ね(しょっちゅう会ってるけど)、友達の子供を訪ね・・・

d0097090_11145845.jpg

私にそっくりらしいです。この子。小さい頃の写真を見ると確かに似てる。
d0097090_11151483.jpg
d0097090_11152647.jpg

友達の子。頭クリンクリンが可愛い!
d0097090_11153792.jpg
d0097090_11154594.jpg

響と甥っ子。


最近急に蒸し暑くなってきて、赤ちゃんの相手をするとすぐヘトヘトになってしまう。
機嫌が急に悪くなったりするので、あやすのに一苦労。
ここ一週間はラーメンズのネタ「怪傑ギリジン」のマネをすると大爆笑するので、
どうにか持ってる。
でも飽きるのも早いんだよね。
来週あたりこのネタをやっても「しらっ」とされるだろう。
この1年三ヶ月の中で、彼の中でどれだけ流行り廃りがあったか。
そのスピートについていけん。

あー子供の世話って大変だな。
母親やってる妹はえらい。


--------------------------------------------------------------------------------



そしてそして、東京都現代美術館のチャラヤン展ももうすぐ終わり。
かなり好きな作家でした。
ファッションの人ですが、この人には括りなんていらない。
映像・ファッションショーともに刺激的で素晴らしい作品ばかりです。

ワンダーウォールも20日までです。
今年は10年を振りかえる展もやっているので、時代というものが良くわかります。
たかだか10年でここまで変わるのか、と考えさせられました。
10年前は抽象が全盛でしたから。
今年は夜設定の風景画が多く、小さな光や星屑のようなものがキラキラ画面上に輝いてる作品が幾つもあるのが目に付いた。どこか寂しげな雰囲気の。

個人的には立体の大賞を取ったthreeという人の作品が良かった。
ちょっと会田誠の匂いのする、爽快な作品だった。


---------------------------------------------------------------------------------





d0097090_1227465.jpg

d0097090_12271711.jpg

[PR]
by sinzow | 2010-06-18 11:13 | 日記

美術手帖7月号・記事掲載&トークイベント

d0097090_18372058.jpg



d0097090_18365230.jpg





美術手帖7月号の、「アクリリックス・ワールド」というコーナーにしんぞうの記事が5ページ出ています。

スウェット上下で、じゃっかん引きこもり気味に写っておりますが・・・
作品について、使っている絵の具についてのインタビューが載っています。

初めての取材で、緊張しましたが、素敵な記事にしてくれてありがたい限りです。

ぜひ手に取ってみてください。





あと、イベントに出ます。けっこうすぐです。

月乃さん主催のイベント、今回は有名人がたくさん出ます。

私は小林美佳さんとトークします。
小林さんは「性犯罪被害にあうということ」という著書の中で自らの体験を赤裸々に語っています。
私も、未遂ですが危ない目にあったことがあるので、一緒にトークに参加することになりました。

場所は渋谷です。お時間ありましたらぜひ。





■7月3日(土)ストップ!自殺~どん底からの出発~(東京)

「私たちは、あなたに生き残ってほしいのです・・・」
インターネット動画でつないでいく「生の連鎖」。
4人の自殺未遂体験者が「死」と「生」を語る。
さかもと未明さん(漫画家)によるメッセージソング。
香山リカさん(精神科医)による「死なない生き方」レクチャー。
湯浅誠さん(もやい事務局)による貧困ケーススタディ。

出演:4人の自殺者未遂体験者
月乃光司・アイコ・葛原りょう・pooco
ゲスト:さかもと未明さん(漫画家)・香山リカさん(精神科医)・湯浅誠さん(もやい事務局長)・小林美佳さん
■チケット予約方法
伴奏:タダフジカ(ギタリスト)
司会:松本卓也(映画監督)
開場18:30~ 開演19:00(終了予定22:00)
会場:渋谷アップリンク・ファクトリー
(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F tel.03-6825-5502)
料金:1,500円(ドリンク代別途)
問い合わせ TEL 070-6666-9940(実行委員会)
主催:月乃光司
■日本初インターニート放送局■
オールニートニッポン
インターネット動画生中継
(18:55~放送開始)
(検索→オールニートニッポン)
[PR]
by sinzow | 2010-06-16 18:38 | 展示・イベントのお知らせ

アヒルの子 2回目

今日も朝からアヒルの子を見た。

横浜からの道程はかなりあるぞ。

腰の重い私がこれだけ頑張るのはめずらしい。

とにかく行くべき。向かうべき。関わる事で、自分の生きるヒントを逆にもらえる気がするのだ。

1度目のアヒルの子、実は冒頭部分を見損なっていたので、ちゃんと見れて良かった。

でもこの映画を見ることはやはり苦しい。目を背けたくなるような問題に敢えて向かっていくから。

「しんぞうさんの作品は、わざわざ見なくていい部分を描くというか、心臓の裏側をチクチクと刺してくる感じで苦しい。」

と言われた事があり、まさに今、私の身にそのような事が起こっている。

飲み物を片手に、時々一息入れないと、辛くて心が持たない。

でも映画後半はどんどん楽に見れる。

この映画の良いところは、主人公の生き辛さを、周りが「かわいそうだったね。辛かったね。大変だったね。」

と共感する人たちだけでなく、「私はあなたと同じようには思わないよ。」と言う人たち、

共感できない、あなたの気持ちは分からないよ、

と語る人たちの視点もちゃんと入れているところだと思う。




完全に理解しあえないのが人間で、でも大事だしお互いに必要で。

プイグの「蜘蛛女のキス」を急に思い出す。



この映画を見て、なつかしいことを思い出した。昔のこと。

初心に帰りたいからここに来たのだと思う。
[PR]
by sinzow | 2010-06-13 22:58 | 日記

「アヒルの子」を見た。

昨日の夜、映画「アヒルの子」を見ました。

―映画の内容―

[家族]の中での[いい子]の[私]。
[私]は[わたし]を取り戻すために [家族]を壊す決意をした。

家族を離れ、東京で一人暮らしをしながら専門学校に通う小野さやかは、自らの内面に巣食う生きがたさに悶え苦しんでいた。
自分は価値がない、誰にも愛されていない、必要とされていない、生きる意味がない・・・。
その原因は、彼女が5歳のときに家族の下を離れ、ヤマギシ会の幼年部に1年間預けられたことから端を発する。その1年間を
彼女は家族から「捨てられた」と思い、2度と捨てられないために[いい子]を演じてきた。しかし、彼女は[いい子]であり続け
てきたことが自分自身を苦しめていることを発見し、自らを解放するため自分の内面を縛り付けている「家族」一人一人と対峙
する決意をする。
怒り、憎しみ、悲しさ、寂しさー。全ての感情を家族にぶつけた彼女が行き着く先とは・・・


--------------------------------------------------------------------------------------------


実際映画を見てみると、予想通り、いや予想以上に自分の体験と酷似していて、奇妙な感覚にとらわれました。

正確には、体験も似ているんだけど、家族の中で何かが起こったときの、

感情の動き方が似ていた。

ここも同じ、ここも同じ、と一つ一つ確認しながらマスを塗りつぶしていくような感覚。

こんな出会いはなかなか無いだろう。

ここまで私の分身だと、客観的に映画を見ることなど到底出来なかった。

私にとって、一生忘れられない映画になったことは間違いない。

心を締め付けられ、ともすると溢れ出そうな涙をおさえながら最後まで見ました。

明日もう一度見に行くつもり。



映画が終わったあと、監督小野さやかさんと話をした。

d0097090_1241115.jpg


新宿眼科画廊さんや、女優のほたるさんが既に私のことを伝えてくれていたようで、

瞬時に意気投合してしまった。

私の作品も見てくれていて、監督のブログでも宣伝してくれていた。

嬉しかった。


そして会う前から、彼女にどうしても質問してみたいことがあった。

このような作品を作りおえた後の、展開。

私は「作品作るのいつか止めそうだね」と何度か言われたことがある。

自分の内面(ネガティブな)の問題をさらけ出し、それを消化し、満足してしまったら

もう作る意味がなくなり、止めてしまうのでは、と。


まったく同じことを彼女も言われるそうだ。

そして、今後の展開として、今は「生と死」をテーマにした作品を作っているとのこと。


私は韓国で「生と死」をテーマにした展覧会を終えてきたばかりなので、目を丸くしました。

似ていることが奇妙でもあり、また当然でもあるように感じた。

「生と死」を終えた私はからっぽで、何も無い。

でも「からっぽ」というテーマを与えられたようで、最近むくむくと「からっぽ妄想」がふくらむ。


映画は6月18日まで。行く意味のある映画です。ぜひ。
[PR]
by sinzow | 2010-06-12 12:48 | 日記

もっと あじさい写真を

d0097090_23134239.jpg
昨日の日記でなぜかあじさい写真を載せる事を忘れてた。

メインなのに・・・・

というわけでアジサイ。
d0097090_2315436.jpg
d0097090_23152820.jpg
d0097090_23154969.jpg



それ以外も。


d0097090_23174051.jpg


d0097090_23183125.jpg
d0097090_23185544.jpg


d0097090_2319595.jpg

こ寿々のわらび餅。うまかったー。
[PR]
by sinzow | 2010-06-09 23:15 | 日記