<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

転機

カンブリア宮殿、また孫さん特集やってました。

孫さんとユニクロ社長がテレビに映ると思わず見てしまいます。

どんなことを考えてるのだろう、とか次はどんな事をするのだろう、とか。

わくわくします。

今日は孫さんの転機というのをやってました。

死ぬかもしれないような大きな病気をされたり、インターネットとの衝撃的な出会いがあったりと、

いろいろドラマがあったようです。

重要なのは、その都度その衝撃に真剣に向き合って、自分は何がしたいのか、何をすべきなのか、

深く考えるその姿勢です。



私にとっての転機は何だったのかなぁ・・・とメモってみます。

死ぬような大変な思いはしたこと無いけれど、小生(男か・・・?)にもやはり衝撃的な事件というものはあります。

衝撃的なことというのは何年経っても覚えているものです。

忘れてしまうような事は、きっと自分にとって大した事じゃないのでしょう。



まず第一の転機。

たしかあれは小4の頃です、私は幼稚園から絵を習っていて、風景や静物を描写するのには慣れきっていて、正直飽きていました。
そしてある日、絵の教室ではなくて、一人ぼっちで絵を描きたいと思ったのです。
絵の先生が、「空の描きかたはこう」「リンゴの描きかたはこう」と、あれこれ言ってくるのにも憂うつだったのだと思います。
画用紙とクレヨンを持って、先生にお願いをして、家に帰りました。
そして西日の差し込む玄関にイスを出し、たくさんの果物をイスの上に並べ、絵を描き始めました。
あのときの興奮は忘れられません。
何色を塗ってもいい、どんな形にしてもいい、私の思うように、好きなように絵を描く!
絵を描いているというより、無心に塗りつぶしていたという方が正しいかもしれません。
とにかく濃く、強く、力をこめて・・・・興奮状態におちいっていました。
マラソンのゴール間近の時のように、「もうやめたい。もうムリ!」と頭の中から声が聞こえる一方で、
「まだまだー!」とトランス状態におちいって止めようとしない自分がいる。
最後ちから果てたとき、異様な満足感がありました。

今思えば、当時の私には自由が無かったのです。
人に心を開くことのできなかった私は、家族、友人、学校の先生の顔色を伺っていました。
なので絵や書道(書道もやっていました)ではせめて自分の好きなようにやらせてくれ、という思いがあったのだと思います。なのでこの時の感覚は忘れられません。

キーワードは自由、です。



第4の転機ぐらいまで書きたかったけど以外にも長文になってしまったのでこの辺でやめときます。

また次回。
[PR]
by sinzow | 2010-08-30 23:23 | アート

KIAFとタグボート

とりあえず一段落!

韓国アートフェア、KIAFへの作品輸送と、9月にタグボートさんで特集していただく作品写真のデータ送信。



韓国、行きま~す!

と意気込んでいたものの、今回は諦めました。残念・・・いろいろな意味で余裕がありませんでした。

どんなフェアになるのかな。

ギャラリーDAMからは3人の作家が出品します。韓国人の作家2人と私です。

スペースはかなり広いよう。

私の大好きなチャンさんの、ギャラリーDAMが飛躍できる機会になればいいな。

日本からは小山登美夫さんやオオタファインアーツさんなど10数件が出すようです。





そしてもう一つの方、タグボートさんの「ピックアップアーティスト」というコーナーで特集していただく事になりました。

9月の第2週辺りを予定しています。

8月になってから描いた作品もいくつか載せてますので是非ごらんください。また情報UPします。

以前とは作品が少し変わってきていると思っています。







【展示情報】

韓国のアートフェアKIAFに出品します。
ソウルのGallery DAMからの出品です。

KIAF2010

Exhibition Date
September 9(Thu)-13(Mon), 2010(5days)

Opening Hours
September 9(Thu) - 12(Sun), 2010 11:00AM~08:00PM(Last Admission into the Fair 07:00PM)
September 13(Mon), 2010 11:00AM~05:00PM(Last Admission into the Fair 04:00PM)

Vernissage
September 8(Wed), 2010 5:00PM

VIP/Press Preview
September 8(Wed), 2010 3:00PM / COEX 1F, Hall A&B
[PR]
by sinzow | 2010-08-30 21:41 | アート

今敏監督

ニュースでも報じられたとおり、今監督が亡くなった。

あまりに突然の訃報で信じられず、ネットでも誤報ではないかという噂が飛び交っていたので半信半疑だった。

でも現実のものとなってしまった。

私が新宿眼科画廊で初めてお会いした時の印象、明るくて、堂々としていて、でも全然偉そうでなく、、、

穏やかな力が満ち溢れていた。

あれからまだ2年しか経ってないというのに。

あの今監督がもうこの世にいないなんて本当に信じられない。



彼が新宿眼科画廊で個展をやるまで、私は今監督のことを知らなかった。

個展初日、見に行くと画廊前には長蛇の列。熱烈なファンがたくさんいて驚いた。

私は今監督や奥さんとお話しする機会もあり、なんとなく近所で「東京ゴッドファーザーズ」を借りてみたところ、

号泣。

その後も「パーフェクトブルー」や「妄想代理人」など、立て続けに見た。

アニメだけども、大人向けの社会派アニメで、今の社会のヒリヒリとした現実を突きつけてくるような作品が多い。



今監督の最後のブログ。「さようなら」

この人の愛を心底感じた。映画を見たときと同じように。ちきしょう、泣けてくる。



ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by sinzow | 2010-08-27 11:43 | 日記






d0097090_20441680.jpg









d0097090_20442947.jpg





目に涼し。
[PR]
by sinzow | 2010-08-24 20:44 | 日記

東京都現代美術館の常設

いま現代美術館でやっている常設展良いです。

O-JUN、牧野虎雄、日高理恵子、杉戸洋、村瀬恭子、小林正人・・・

じっくりと見ました。

牧野虎雄(1946没)さんって始めて知りましたがすごく良い絵です。

庭や家を描いている作家さんで、画面から圧倒的な力を感じます。

作品一枚一枚どれをとっても、私からすると予想外の構図。

この花をメインに持ってこないだろう、っていうような小さな花が絵の中心にあったり、

空に浮いている雲も、「えぇっ?ここ?」と思うような位置に描かれていたり。

要は一般的に「雲はこの辺がいいだろう」、と無意識に画面の中でバランスを取ってしまうというような事をしていない。お行儀よく収まって無い感じがいいのです。

でもそれはよくよく見ると気付くことで、パッと見た感じはとても自然です。

引き込まれていって、画面の中を回遊しているうちにおやっ?と、その個性的な視線に驚かされます。

画面の隅に突然描かれた「ひまわり」が特に私のお気に入り。

でも、言葉では中々伝えられません。ぜひ見に行ってみてください。

私の中で魅力的な作品というのは理屈を越えているもの。

「こうしたい」「こういうことを考えていて、それを作品の中で訴えたい」ということが直ぐに分かり、

ただそれだけの作品というのは、とても味気なく感じる。計算だけで、余剰が無いもの。見せるためだけに描いたもの。

上に挙げた作家の作品は、そこを越えて、感覚的な豊かさが伝わってくる。見ていて気持ちがいい。



あ、絵じゃないけど泉太郎さんの作品も展示されています。素敵です。
[PR]
by sinzow | 2010-08-23 22:51 | アート

笹塚ボウルにて展示



ボウリング場でのイベントが9月4日にあります。
1日だけですが、ボウリング場併設カフェで展示をします。
イベントも面白そうなので、是非遊びにいらしてください!
いつもの愉快な仲間たち大集合です。

私は徹夜とかムリなので、早々に帰りますが。。。
無理するとすぐ倒れます。
みんな元気だなあ。若いなあ。うらやましいなあ。

2010年9月4日(土)22:00 OPEN All Night FEE: \2,000.-
(ボウリング投げ放題)キャプテン5@笹塚ボウル


笹塚ボウル(駐車場あり)
東京都渋谷区笹塚1丁目57番10号3階
TEL.03-3374-1300
http://www.keio-san.com/sasazukab/


<メインステージ>
・Live&paformance
ラ・サプリメント・ビバ
http://www.h4.dion.ne.jp/~lasupple/
鉄割アルバトロスケット
http://www.tetsuwari.com/
高速スパム
http://hi-spam.seesaa.net/
山本久土
http://www.hisatoyamamoto.com/
アイハラミホ。
http://ameblo.jp/aihara-miho/
デモ田中&Hydro Zombies
http://demo-tanaka.seesaa.net/
the back drops
http://thebackdrops.com/
DF7B
http://df7b.com/


・DJ&VJ
Pulsessionz(TEAM CHAR & DJ TAKU)
ぬまたまご部長
第三者
馬車馬企画
稲葉まり
松崎展久


・サブフロア
星屑のキラメキ
Mr. Understand
スズキスズ
新宿眼科画廊のゆかいな仲間達

・ホスト
テクマ!

・PA
AO

・フード
東京カリ~番長

LPACK


・キャプテン
大塚アキラ
カミオ
ぬまたまご部長
TEAM CHAR
牛嶋みさを



============================================================
[PR]
by sinzow | 2010-08-20 18:05 | 展示・イベントのお知らせ

回り始めました

何も無い時期と何かある時期の差が激しい私ですが、突然めまぐるしく忙しくなってまいりました。

韓国のアートフェアに向けての準備、それと9月4日に笹塚ボウルでの展示、
10月にも黄金町で展示をやることになったりと楽しい話が続々と入ってまいりました。
他にも8月末〆の仕事が2つほどあります。

詳細は分かり次第またupします。


しかし腰が痛い。

コルセット巻いて頑張ります。




d0097090_1782173.jpg

[PR]
by sinzow | 2010-08-19 17:06 | 展示・イベントのお知らせ

ジュート

私は体質的に、キャンバスより紙のほうが合ってるかな、って思ってて、

キャンバスで描く時もなるべく紙の質感に近づけるようにしてます。

ツルツルした紙に描くのが好きなので、キャンバスの時も摩擦を減らすために微粒子入りのジェッソを上から塗って、表面を滑らかにしてから描いていました。

でも、この前海外の作家の作品を見たとき、みょうにキャンバス地が気になって、見入ってしまった。

私が使ってるものよりかなり荒い目で、その生地の風合いがすごく気に入った。

滑らかなのが好き、と思ってたけど荒いのも久々に挑戦してみようか。なんだかとてもワクワク感。

てな訳で荒目のキャンバスお試し・・・って思って世界堂に聞いたらめちゃめちゃ高い!

カットキャンバスは中目の2倍。

ロールキャンバスに関しては10万円近いお値段。私が買っているものの5倍のお値段。高すぎる。

需要が無いから高いんだそうだ。

でもそんなの変えないし・・・とネットを徘徊していたら良いサイトを見つけた。

ユザワヤでジュート買ってきて、自分で手作りするというもの。

d0097090_20254779.jpg


早速やってみました。

ジュート・・・・思ったより手ごわい。

手はガサガサになるし、目を水平に揃えるのも一苦労。部屋は糸くずでホコリまみれ・・・目が粗いため目止め(糸と糸の間の隙間を膠などで埋める作業)も大変です。

まあでもアクリル絵の具で描くのでジェッソを引けばなんとかなるでしょう。

あとは描きやすいかどうかだな。
[PR]
by sinzow | 2010-08-11 20:35 | アート

再会

初心に帰れといわれているのか、懐かしい再会が多い今日この頃です。

昨日、rojicafeのオーナー名倉さんと藤間さんに偶然お会いしました。

ロジカフェが閉めてから1年近く経つ。

お会いしたのは外苑前のギャラリーダゼル。今、山口さんのグループ展が開催されています。

彼らと久しぶりに会って、話をする。初めて会ったのは4年前。

あの頃と全然変わっていない強い意志。まっすぐに自分の進む道を見つめていて、ぶれない。

彼らはどんなに苦しい道も頑張って乗り越えていける力を持っていると思う。


懐かしい再会と書きましたが、夢の中での再会もある。

10年前に知り合った作家さんたちが夢に出てきた。突然。

それは変な夢で、まぁ私、変な夢ばっかり見てるのですが・・・

ウンチがしたくなった。夢の中で。

トイレに行くと並んでいる。こいつは困ったぞ、と思っていると

「向こうにもトイレありますよ」

と教えてくれた人がいた。

ならばそちらへ、と向かってみると、、、

トイレに行くまでになぜか沼やら池やら障害物がたくさん。

それらを越えないとウンチは出来ないのです。

池にドボンと飛び込みトイレを目指す私。が、周りを見渡すとなぜかライバル多数。

総勢20名位のトライアスロン状態だ。

それでも頑張って、ウンチがお尻からモレそうなのをこらえつつも

トップでゴーール!!

かと思いきや・・・トイレにはすでに客が二人並んでいた。

「なんだ~~!もぅ並んでたんだぁ~~~!!」

と笑顔で話しかけつつも、私のウンコちゃんはもぅ。。。状態でした。
(実際にはもらしていませんでしたよ、、、、マジで!!)



再会の話はどうなったんだ、と言われそうですが、何を隠そう、そこに並んでいた二人が10年前の友達だったのです!

だからなんだ、と言われそうですが・・。
真面目な事を書こうと思っていたのにこの内容じゃあなんだかね。

でもウンチの夢って夢占い的にはイイらしいんすよ。体から毒素を出すとかいって。


まあ、気を取り直して・・・

起きてから「あの頃ずいぶん語ったなあ・・・」と記憶をたぐり寄せ。

みんなすごく悩んでいたなぁ、とかいろんな葛藤があったなぁ、とか。

気持ちと行動がうまく絡み合えなくて、苦しい姿をお互いさらけ出していたなぁ、とか。


あの頃感動できた事が、今は感動できなくなっていたり。

あの頃無関心だったものが、無性に愛おしく感じたり。

手の届かなかったものが手に入って、さらに強欲になる自分がいたり。

謙虚な気持ちを持ち続けることは難しくて、業が深いがゆえに傷つく。


あかん。
[PR]
by sinzow | 2010-08-05 00:20 | 日記

作品




d0097090_2392789.jpg

[PR]
by sinzow | 2010-08-02 23:07 | アート