<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自分の感受性くらい

自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ




茨木のり子さんの詩です。

漢方もらっているお医者さんのロビーで、暮しの手帖を見ていた。

なんかレトロな本だけど、記事はわたし好みのものばかりだった。

ふきんの洗い方、干し魚のこと。

私は暮らしというものが大好きなので、これは大好物の本を見つけた。

お母さんやおばあちゃんが読んでいる本、と思って開いたこともなかったけど。



そこに古いけどとても美しい家の写真が載っていた。

使いこんだ家具、スペインや韓国のどっしりした小物。

茨木のり子さんの自宅だった。

有名な方らしいけど、私は初めて知った詩人。

胸をつくような詩がいくつか載っていた。

これはそのうちの一つです。
[PR]
by sinzow | 2012-10-19 11:11 | 日記

展示も中盤です

d0097090_1857328.jpg
d0097090_18572063.jpg


展示中盤のビッグイベントが終わりました。

トークイベント&朗読会、&久々のライブペイントもプラスされて大忙しでしたが、

好評だったようで、良かったです。

お客様も一階に入りきれず二階の吹き抜けから覗いている方々もいて、盛況でした。

ありがとうございました。

展示は土日なので今まで四日会場に行ったのですが、とても満足しています。

満足しているのは、何人かのお客様が、本音で今自分の思っていること、大切な事、人には言いづらかったこと、苦しかったことなどを吐露してくれた事です。

そういうときの人の言葉ってのは、重い。

心臓がどきどきしてくるぐらい。

作品が無かったら出会えない出会いなのだから、やってて良かったな、って本気で思える。

あと半分、毎日画廊におりますのでぜひお越しください。


d0097090_1915144.jpg



家族からのお花。
[PR]
by sinzow | 2012-10-17 18:50 | アート

しんぞう×月乃光司トーク・朗読イベント

d0097090_9472410.jpg


いよいよ展示が始まりました。
新潟も良い季節になり、空が高いです。

搬入の日は、帰り月岡温泉で休んでいきました。
月岡のお湯は透明なグリーンで、なんと天然色なんだそうです。
泉質はかなり私好み。硫黄臭が強く、ぬるぬるでした。

新発田市は新潟市よりずっと山が近く、城下町で、なんか違う。落ち着いた雰囲気が漂います。

展示は土日のみなので、ちょっと一休み。
来週までに力みなぎらせてイベントに望みたいと思います。


こちらがイベントの詳細です。

10月14日(日)14:00~
しんぞう×月乃光司トークイベント
作品解説と詩の朗読会を行います。しんぞうが影響を受けた詩人、小長谷清実の詩を中心に、朗読家の月乃光司が朗読をします。


小長谷清実さん。
ネットで見つけた詳細によると

小長谷清実 こながや-きよみ

1936- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和11年2月16日生まれ。上智大在学中の昭和32年詩誌「氾」同人となり,卒業後,電通に勤務。52年ありふれた生活的題材を並列しつつユーモアのきいた社会批判をしめす詩集「小航海26」でH氏賞。平成3年「脱けがら狩り」で高見順賞,19年「わが友、泥ん人」で現代詩人賞。静岡県出身。




以前知り合いの作家さんがこの方の詩集をくださった。

「しんぞうさんと似てる」

詩なんて全然興味なかったのですが読んでみると、おこがましいかな共感できる、と思うところが随所に。

詩集のタイトルなんて

「玉ネギが走る」

「ナフタリンの臭う場所」


ううん、あやしい。

内容も、本当に玉ネギが走っていたりする話なのだから???なんだけど、なんというか、視点が壮大な世界感ではなくて、日常の中にひっそりと潜む真実に目を向けている辺りが、共感できる。
台所からこんなにも世界を引き出せる、野菜から、寝室から、まさかの展開。
その展開は、共感を超え、畏敬の念です。

興味ある方はぜひお越しくださいませ。

もちろん月乃さんの朗読です。いったいどんな風に読んでくださるのか。
「中年のおじさん」をテーマにした詩もけっこうあるので、その辺から引き出したらハマるんじゃないかとたくらんでいます。


月乃さんは私の旦那さんで、詩人でもあり、朗読家でもあり、本も書くし、教育テレビでコメンテーターもやる、イベンターでもあるメンタルヘルス関係に詳しい人です。もはやナニモノなのかよくわからない・・・・・




しんぞう個展
「宇宙のふちから こんにちは」
2012.10.6(土)〜28(日)まで 
土日のみ開館(10月6,7/13,14/20,21/27,28)
午前10時〜午後5時まで
観覧無料

カールベンクス古民家ギャラリー

〒957-0053
新発田市中央町1−7−11
tel/fax:0254-24-9021
kominka-m8@energy.ocn.ne.jp



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by sinzow | 2012-10-10 09:33 | 展示・イベントのお知らせ