<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

裏打ち

d0097090_14292716.jpg


d0097090_14301781.jpg




和紙に描いた絵を裏打ちしました。
[PR]
by sinzow | 2014-04-22 14:31 | アート

大新潟湊展

大新潟湊展に行ってきました。

久しぶりの「みなとぴあ」は桜が満開でした。

展覧会では、新潟の地形がどのように変化してきたかを辿っていて、それにより時代時代にどのような影響を与えてきたかが分かりやすく展示されていました。

ちょうど気になっているテーマだったので、図説付きで理解出来て満足した。

いつの時代も、世界のどこかで文明が興り衰退していく訳だけど、地形の変化も大きな影響を与えてるんだろうなと、考えたりもした。

私たちはさまざまな変化の中で生きている。



イザベラ・バードの新潟旅行記もちらっと紹介されていて、懐かしく思った。

十数年前この本を読んだ。

内容はイギリス人の女性が明治時代に横浜から函館まで歩く東北紀行。

特に記憶に残っているのは、たくさんの日本人たちが障子に穴をあけ、中にいるイザベラさんを一目見ようというシーン。

当時外国人は珍しかっただろうから仕方のないことかもしれないけど、障子の穴という穴から眼が覗き込んでいるというのはシュールすぎる映像として私の脳裏に焼き付いています。



あの時はまさか自分が新潟に住むとは思っていなかったな。
[PR]
by sinzow | 2014-04-18 22:58 | 日記

花見弁当持って。

d0097090_15451153.jpg
d0097090_15452827.jpg



花見弁当持って白山神社へ。

新潟での初のお花見開催は、蕎麦屋・竹野さんご夫婦と共に。

料理好きが高じて意気投合、持ち寄りおかずを重箱に詰め、、、、まぁ、なんと立派なことでしょう。

あしらいで椿の葉をちょっと入れたり、おにぎりを竹の葉で包んだりすると、一気にグレードアップする。

おにぎりのお米もいい感じのつぶつぶ感。いらない水分が飛んで、おいしい。

重箱は津軽塗にしました。最初見たときおどろおどろしくてビックリしましたが、今は慣れてきました。

小ぶりだから使いやすいし。


この日のメニュー

〈一の重〉
・里芋の梅和え
・焼さば
・豆腐田楽
・鶏の八幡巻き

〈二の重〉
・桜えびと青ネギの卵焼き
・タコの磯辺揚げ
・青菜のお浸し
・カブときゅうりのお漬物
・筍の黄身味噌和え山椒風味
・うどのきんぴら
・松前漬風?野菜サラダ

〈三の重〉
・いちご、甘夏、マンゴーの盛りあわせ


・ふき味噌おにぎり
・桜えびの炊き込みご飯

おやつは「いいだ菓子店」のクッキー。


d0097090_166382.jpg


本日の料理人。

蕎麦屋竹野さん。〈奥様の写真が無かった、、)としんぞうさん。

私は筍ご飯を失敗したため、ちょっと品数が少なくなり、申し訳ないことをした。

今度は山登り、その次は花火にお弁当持っていきたいね、と三人で盛り上がる。

山登りの料理は何がふさわしいかと語り合う。

山は口実で、料理のことばっかり。

d0097090_16104797.jpg


ちゃんと桜も見ましたよ。
[PR]
by sinzow | 2014-04-17 16:04 | 料理

第三の眼

d0097090_21223890.jpg
d0097090_21225272.jpg

[PR]
by sinzow | 2014-04-16 21:23 | アート

春眠

転勤事件という春の悪夢が過ぎ去ったあと、まだまだ悪夢は続きました、、、、

38,5℃の高熱が出て(インフルではなかった)、その風邪が2週間続くという悪夢、、、、、、

中でも咳がひど過ぎて、せき込んでゲロ吐きそうになってました、何度も。

あれって治りかけの時に突如始まると止まらない止まらない。

車の中で咳き込んで、でもゼッタイ吐きたくないから路肩に止め、夜道の電信柱に張り付いてた私はそのまま
持っていた財布も落としてしまうという悪夢。(後で探しに行ったら見つかったから小悪夢)

ふう。

という訳で3月も疲れた。



4月になって、風邪から花粉症へと移行し、なんだかな、、、、、、眠い。

そして退屈。

今年は少し展示を休もうと思い、7月まで個展はない。7月に新潟、9月に韓国での個展。

こんなに長く間があくと、すっごくつまらないということが分かった。性に合わない。



最近は細胞、波動の本を読んでいる。



d0097090_20553754.jpg


はあ。飛び立ちたい。 キャンバスにアクリル けっこうおっきめの絵
[PR]
by sinzow | 2014-04-08 21:28 | アート