ジュート

私は体質的に、キャンバスより紙のほうが合ってるかな、って思ってて、

キャンバスで描く時もなるべく紙の質感に近づけるようにしてます。

ツルツルした紙に描くのが好きなので、キャンバスの時も摩擦を減らすために微粒子入りのジェッソを上から塗って、表面を滑らかにしてから描いていました。

でも、この前海外の作家の作品を見たとき、みょうにキャンバス地が気になって、見入ってしまった。

私が使ってるものよりかなり荒い目で、その生地の風合いがすごく気に入った。

滑らかなのが好き、と思ってたけど荒いのも久々に挑戦してみようか。なんだかとてもワクワク感。

てな訳で荒目のキャンバスお試し・・・って思って世界堂に聞いたらめちゃめちゃ高い!

カットキャンバスは中目の2倍。

ロールキャンバスに関しては10万円近いお値段。私が買っているものの5倍のお値段。高すぎる。

需要が無いから高いんだそうだ。

でもそんなの変えないし・・・とネットを徘徊していたら良いサイトを見つけた。

ユザワヤでジュート買ってきて、自分で手作りするというもの。

d0097090_20254779.jpg


早速やってみました。

ジュート・・・・思ったより手ごわい。

手はガサガサになるし、目を水平に揃えるのも一苦労。部屋は糸くずでホコリまみれ・・・目が粗いため目止め(糸と糸の間の隙間を膠などで埋める作業)も大変です。

まあでもアクリル絵の具で描くのでジェッソを引けばなんとかなるでしょう。

あとは描きやすいかどうかだな。
[PR]
by sinzow | 2010-08-11 20:35 | アート
<< 回り始めました 再会 >>