三上寛

d0097090_22345113.jpg


今日の衝撃。
三上寛さん。




今日は初男君主催の「生きづらさライオット」(新宿ロフトプラスワン)
イベントにスタッフとして参加しました。

【出演者】月乃光司(こわれ者の祭典)三上寛(日本フォーク史上最強の過激派!)、雨宮処凛(ゴスロリ作
家)、ピンキー青木(元ファントムギフト)、小穴哲至(オールニートニッポン)、 齋藤初男(生きづらさライオット主催者)
【司会】市野善也(「ひきこもり」の「社会理論」著者)




いじめ・ニート・引きこもりについてのトークのあと、
出演者の皆様のライブがありました。


いやー、三上寛さんは凄い!
本当にかっこよくてかっこよくて、
カッコよすぎでした!


三上寛さんは70年代に活躍していたフォークシンガーの方です。
当時の音楽といえば、はっぴいえんど、5つの赤い風船、金延幸子、友部正人・・・・
さんなど、はまってましたが、三上さんは今日聴くのがはじめて。


とにかく聴いた事のない音楽。昔のフォークソング時代とは変わったそうです。
フォークのような浪花節のようなパフォーマンスアートのような、フラメンコのような歌舞伎のような。
とにかく見たことのない種類のステージで・・・・
歌詞の中に変わった擬音を入れたり、歌舞伎役者のような足さばきが入ったり
哀愁があって、日本を感じさせ、とにかく、、、また見たい!

終わった後の打ち上げでもステージどおりの情熱ぶりで、
ためになるお話をたくさん聞かせていただいた。
ものすごーい至近距離で興奮しながらお話してくださるので、私の体半分は
三上さんのよだれまみれになった(笑)


「売れる売れないなんて関係ない。本当の自分を表現できることなんて
ほんの一瞬しかないかもしれない。でもそれに賭けるんだよ」















ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by sinzow | 2007-08-25 22:34 | アート
<< 打ち上げ写真 らくがき集 >>