「地下室の残像」展示会場の写真。

展示が無事終了しました。作品が少し売れそうです。良かった。



ここはZAIMの地下室。同行室、というところで、罪人が一時連れてこられた場所だそうです。
恐ろしい雰囲気が漂います。霊感のある人には何か感じるようです・・・

d0097090_2131627.jpg
d0097090_21401564.jpg
d0097090_21402620.jpg
d0097090_21403538.jpg
d0097090_21404692.jpg
d0097090_2141034.jpg
d0097090_21411493.jpg
d0097090_21412417.jpg
d0097090_21413482.jpg



今回の展示はこの場所のイメージから、選びました。
私がずっとあたためていた?発表できなかった過去の作品をメインに展示。
暗い色調の作品の殆どが2005年前後のものです。
暗闇での展示で、ライトは家から持ってきました。
学習机のライトや、母の枕もとのライト。どちらも生活感があり、埃をかぶったままで。
私の作品は自分の身の回りのものを描いているので、
その感じを出したかった。

我が家とその周り。
父、祖父。内と外を繋ぐ窓、洩れ聞こえてくるさみしげな風の音。
国道を走る車、磯子の京浜工場地帯。
不安な頃。

端っこの、母がお布団で寝転び新聞を読んでる絵は、今年描いたもの。
今は母に対する愛情が素直に描ける。ただただ可愛い。
ほっとする空間がきっとこれから広がっていく。
[PR]
by sinzow | 2008-10-26 21:41 | 展示・イベントのお知らせ
<< 会社を辞める 今日のZAIM、 >>